セックス

女性のオーガズムはこうして得られる!開発方法・やり方について解説!

女性のオーガズム

男性の皆さんは射精することで快感を得ることができます。しかし女性は?セックスの中で本当にイケているのかというと、実はイケていない女性も多いのです。

女性が深いオーガズムを得られるセックスについて紹介します。

セックスして気持ちいいと感じても、イケているのか?というと、その感覚がわからないという女性も多いものです。乳首を触られてもあそこをいじられてもちっとも気持ちよくない、逆にセックスが苦痛と感じる女性もいます。

「もしかしたら彼女、パートナーも本当は気持ちよくないのに演技してるのかも?」そんな疑問をお持ちの男性へ、女性のオーガズムについて解説します。

この記事を読んでわかること
  • オーガズムを得るために刺激するポイント
  • オーガズムを得るには前戯が重要
  • Gスポット刺激して女性をイカす方法
この記事は4分で読めます!

クリトリスが一番オーガズムを感じることができる

男性の場合、性感帯といえばペニスとなるため、女性の性感帯も陰部だろうと思っている男性も多いでしょう。

しかし実は男性女性ともに性感帯は人によって違い、男性も本当はお尻が気持ちいいとか、乳首をいじられると勃起率がすごいとか、ペニス以外にも性感帯が存在します。

女性も同じく、陰部以外、首筋、背筋、それに背中や内ももなど、人によって感じやすい場所が異なるのです。

中でも女性が性感帯としてあげる部位は、クリトリスGスポット、乳首となっています。中でも女性が深いオーガズムを得るために男性が特に愛撫すべき部位は、多くの女性が最も気持ちがいいというクリトリスです。

クリトリスと乳首を両方責められるとすごく気持ちがよくて、念入りに愛撫されたとき、はじめてイクという感覚を味わったという女性もいます。

ただ、そこだけを責めるのではなく、いい雰囲気の中で「キスから」しっかりセックスするということも、女性を気持ちよくさせるテクニックとなりますよ。

付き合っている彼女、パートナーがどこを気持ちいいと感じるのかわからないという人は、体中、一つ一つ、性感帯はどこなのか探ってみるといいでしょう。

首筋、耳、背中…と丁寧に愛撫されて、嫌だと思う女性は少ないはずです。

いい雰囲気のセックスで女性はオーガズム得れる


女性の体を知り尽くしている人、それは女性自身です。

特に産科や婦人科の先生は女性の体の仕組み、生殖についてくわしく、またセックスに関しても積極的に情報を得ている先生もいます。

そんな医師に聞いてみると、女性のオーガズムは子宮・膣・肛門の筋肉が一定のリズムで収縮し、高まると自分を保っているのが難しいくらいだというのです。

男性もセックスの最後には射精を迎え、その際ペニスと睾丸で気持ちよさを感じます。

しかし女性の場合、オーガズムを感じると体中、至るところに快感がつながっていくのです。女性のオーガズムが起こる仕組みを知ると、男性のオーガズムと別物だとわかりますね。

女性のオーガズムというのは交感神経に深く関係すると言われており、パートナーを気持ちいい状態にするためには、興奮に深く関係する交感神経へソフトに、リズムよく刺激してあげることが必要です。セックスはいい雰囲気を作りキスから始める。

これも交感神経を刺激し彼女がセックスしたいとエッチな気分を盛り上げるためです。

背中やうなじをなめたり、キスしながら体の色々なところを触っても女性って本当に気持ちいいのかな?と疑って、すぐに性器を触って気持ちよくさせようとする男性がいますが、すぐに性器を刺激することこそ、女性がオーガズムを得られない理由といえますよ。

女性のオーガズムと切り離せないGスポットの場所


女性の体をじっくり愛撫し、いよいよ気持ちが盛り上がってきたところでより深いオーガズムを得られるように性器への愛撫に移ります。

女性が深いオーガズムを得られるポイントとして、Gスポットがあげられますが、Gスポットの場所がよくわからない男性も多いようです。

Gスポットは膣の前の壁部分、恥骨周辺にあり、「尿道海綿体」と呼ばれる部分で、何度も刺激を繰り返していく中で感度が高くなっていくと言われています。

そのため、その部分を見つけて刺激したからといって、すぐにものすごい快感を得られるということはないのです。

女性を仰向けに、両膝を立てた状態にして、手のひらを上に向けた状態で中指だけ、まげて膣内に挿入します。中指の第二関節くらいまで挿入したら、指の腹で膣を少しこすってみましょう。

他の場所とは違う触感の場所がGスポットです。感度のいい女性ならそこに触れたとき、反応があるでしょう。

最初はそれほど感じていないようでも、ソフトに何度もこすったり、クリトリスと一緒に刺激するなどしていくうちに、Gスポットの快感を得られるようになります。

☆関連記事【Gスポットとは?場所や探し方など開発方法についても徹底解説!】

オーガズムへ導く前戯の流れ

女性が深いオーガズムを得られるように、女性が本当に気持ちいいと思うようなテクニックを覚えてほしいですね。

まずはセックスをする前戯ともいえるキス。

風俗嬢の中にも、キスは好きな人としかしないというキスNGな女性もいますが、女性にとってキスは愛情を確かめる大きな前戯となります。

丁寧にキスをしてから背中、うなじなど、彼女の体全部を目に焼き付けるように愛撫しましょう。

時間をかけてゆっくり愛撫すれば、女性は触ってほしい感覚になっているはず。

そこで下着の上から指で陰部をじらすようになぞり、クリトリスを下から上に優しくこすって刺激してあげます。

じっくりと下着の上から愛撫したら、下着を脱がせクリトリスには触れず、会陰を愛撫しましょう。

喘ぎ声が漏れるようになったらクリトリスを優しく、縦、横、円を描くなどリズムよく愛撫します。

時折指が滑ったように膣内に少し入れるなどして彼女の様子を見ながら触りましょう。

膣がぐっしょり濡れてきたら、指をいれてGスポットを少しずつソフトに触り、反応が薄いようならクリトリスをなめたり、乳首を触るなど、複数の個所をせめながら行うとオーガズムを得やすくなりますよ。

こうして常に時間をかけた愛撫からのセックスを行うことで、彼女の気持ちもリラックスできるようになり、開放感の中、深いオーガズムを得られるようになるでしょう。

まとめ

すでに大人の女性でセックス経験も豊富な方なら、自分なりにイケる方法も熟知していますが、経験が浅かったり、今までイケるセックスをしたことがない女性は、「セックスでイクなんて無理かも」と思っています。

女性の全身をほぐすように、時間をかけてセックスすれば女性の感度も徐々にあがり、セックスで深いオーガズムを得らえるはずです。パートナーとのセックスの中で女性が気持ちよくイケるのは、男性のやさしさと愛情あるテクニックが必要と考えましょう。

ABOUT ME
若戸 明
若戸 明
ガラケー時代から出会い系に親しんでおり、出会った総数100人以上。今の妻とも出会い系で知り合う。結婚後しばらく、出会いから遠ざかっていたが、直近では、「パパ活」が益々熱くなると見込み、「2020年パパ活元年」と銘打ち18年ぶりに本気で出会い系を行っている。