アソ★ビバ!編集部チャンネル

パンチラ&ちょいエロ&おバカ企画まで!ココだけで見れちゃう動画コンテンツ満載!編集部ch

日本橋の名店「大阪貧乳女学園」藤村氏の裏筋コラム
1967年10月5日生、日本橋「大阪貧乳女学園」オーナー。 貧乳女子のスカスカブラから覗く乳首が大好物。シテはいけない場所でシテしまう、はた迷惑な性癖の持ち主。

2015/4/25 UP!!

連載その八
飽くなき性の求道者、藤村氏。その卓越したエロセンスと、規格外のエロ行動に、どれだけの男たちが涙し、股間を震わせたであろう。第8弾となる今回、ついに一つの区切りを迎えることになった。最後の一言まで、決して聞き逃すことなかれ!
夜の営みはチケット制 性の権化が明かす最後のヒミツ
コラム画像
 早いもので、このコラムも8回目。始めたのは夏でしたが、いつの間にか新しい春を迎えました。お店の女の子たちは、新生活への期待に小さな胸を膨らませて、初々しい笑顔を浮かべています。そんな門出の時期に言うのもなんですが、わたくし藤村、このコラムを一旦今回で区切りをつけてみたいと思います。まあ、突如復活するかもですけどね!
 まぁ、そんな大層な話でもなくて、要はネタが一絞り出たかなって(笑)。残っている話といえば、胡散臭い中国エステで尿道炎になったとか、スーパー銭湯のマッサージ中に血尿をぶちまけたとか、そんなんばっか。いや、血尿のときは大変やったよ。レバー状の血尿を梨汁のようにブシャーッとして、あたかも殺人現場のようやってんけど、そんなん誰も聞きたくないでしょ(笑)?まぁ、くだらない話はいくらでもあるけど。また色んなとこに顔出してみて、新しいネタを温めてきまっさ。いやはや、お陰様でけっこう充実した8ヶ月でした。お客さんに「コラム読んでます!」ってな声をいただくと、やっぱりテンション上がるしね。なんというか、こんな俺の生き方に興味を持ってもらえることが嬉しかったね。けどね、俺が他の人より優れているところなんてたいしてないと思うんですよ。ただ自分の欲求に正直なだけで。まぁ、性欲だけは人一倍やけどね、それも相当ひねくれたやつ(笑)。そうやね、自分でもどうしてこんなにひねくれたんかなと考えることもあるんやけど、やっぱ過去の女がらみに関係していると思うんです。ちなみに言うておくけど、俺が今までちゃんとお付き合いしたのは、前にも話したおしぼり手コキの女と、嫁さんの2人だけ。ある意味、ストイックというかなんというか。恋愛以上に真っ直ぐで極太な性欲を、まず受け止めて開花させてくれたのが最初の子。今思ってもスナップを効かせたおしぼり手コキの気持ち良さったら、ホント想像を絶したからね。あっこからちょっと軌道がずれたのかもしれん(笑)。そんで、その女の妹の親友(ド貧乳)と結局結婚したわけやけど、子どもができてからは、いわゆるセックスレスやってね。俺はもうやりたくてしょうがないんやけど、嫁さんは頑として受け付けない。終いには「お金払ったらやらしたるわ」って言われてさ。だから俺、嫁さんとのエッチはチケット制やったんよ…年金の請求書とか束で送られてくるでしょ?あれを利用してチケット作ってさ、嫁さんからそれを買うの。どうしても辛抱たまらんときは、それをもぎって使うわけ(笑)。それでもよ?代金てものがあるとはいえ、受け入れてくれる嫁さんは、やっぱり可愛かったかなぁ。チケットづくりにすらつい一生懸命になったね。まあ、そうはいうても、俺の性欲は狭い世界なんかじゃ収まらんからね、安いピンサロ行ったり、街角でパンパン捕まえたり、ジェットバスでオナニーしたり。ひねくれた性欲がとうとう大海に乗り出したってわけ。俺の変態ライフにはさ、すべて必然性(?)があるのよ…きっと。でね、今更やけど、これは俺の同年代やそれ以上の人にも気づいてほしいねん、みんなホンマはそういう男の子らしさってずっと持ち続けてるはずやでって。もちろん別に俺みたいな発散のしかたじゃなくてもええ、おもてだって表現せんでもええ、でも自分の中にソレは間違いなく居ることからは目を逸らすべきじゃないんちゃうか!ってね。冒険はせんでもいいから、やりたいことは納得するまでやりきる、それは大事なんちゃいますか?とね。俺かてさ、今もそうやけど、いくら年を重ねても性欲は増す一方やし、最近なんて、ホントそれこそずっと「ええ女やなぁ」とか、「やりたいなぁ」とか、考えてる。この先どうなるか、正直俺にもわからんけど、股間のセンサーを信じて前に進むつもりやしね。新しい気持ちよさを追い求めて行こうって思いますもん。とまあ、最後の最後で、あんまりオモロない話になってしまったけど、とにかく8ヶ月間ありがとうございました!またネタを仕込んで戻ってきますんで、そのときは温かく迎えてやってください。ひねくれた性欲の悩み相談とかもしようかな(笑)。それでは、また!
イメージ画像
[大阪・日本橋]ホテルヘルス
大阪貧乳女学園>>

2015/3/25 UP!!

連載その七
お待たせしました超ディープコラム第7弾!全国にファンを持つデンジャラスコラムも、気づけば第7弾!もうネタが尽きたのでは!?という噂もなんのその!ついに今回、青春時代の禁断ストーリーが明かされる!!見てはいけないものを見たいと思う素直な気持ち、忘れてはいませんか?
常夏のグアムから、会員制の屋上まで。世界は愛に満ちている!
コラム画像
 自慢するわけじゃないけど、俺さ、胸チラに遭遇する確率がかなり高いの。「お前が見てるだけやろ!」って言われりゃまぁそうなんやけど、そのチャンスをものにする嗅覚というんかな、そんなんが人並み以上に備わってる。
 例えば、こないだグアム旅行に行ってきたんやけど、そこでも俺のセンサーに狂いはなかった。見ると浜辺は、マリンスポーツを楽しむ日本人でいっぱい!シュノーケリングやらバナナボートやら、そらもういろいろね。
キャッキャ言いながらはしゃいで、なんとも楽しそうなの。んで、俺が目をつけたのは、彼女たちが海に入るとき…じゃなくて、その準備段階。つまり浜辺で装備品を身に着けるとき!さぁ、これから海にもぐるぞって、ウキウキ気分で足ヒレをつけているときなんか、もう素晴らしく胸元がルーズになるわけ(笑)。フツーの男はグラマラスな女性に目が行くけど、俺は常に貧乳だからさ、逆にあんま怪しまれない。んで、俺ぐらいになると、後ろ姿を見るだけで「あ、こいつ貧乳だな」ってわかるから、なんというか無駄がない。貧乳のブラ調節がいかに難しいかも熟知してるし、そ〜らもうパラダイスよ!常夏の解放感たるや、すごいからね、ホント。あ、ちなみにワタクシ、金髪GALにはまったく興味がないのであしからず。
 やっぱりさ、人間は見てはいけないものを見たいわけ。これはもう、しょーがない。高校時代の話なんやけど、学校のトイレの一つがいびつな構造でね、大便所が男女兼用になってるの。もちろん入口は違うんだけど、壁に並ぶ5つのうち、端の2つが男子用で、中央の3つが女子用。つまり、男子トイレが凹、女子トイレが凸みたいな構造ね。
 まぁ、想像はつくと思うけど、男子トイレの大便所には当然のように穴が空いてるのよ。それも上下に2つ。ちょうどお隣さんの顔と秘部が見える位置にね(笑)。ちなみにそのトイレは、3年生だけが知ることを許された伝統の聖地!一度足を踏み入れたら、なかなか抜け出すことができない。まぁ、例外なく俺もその一人で、向こう側から詰められたティッシュを懸命にほじくり出したことと、美しいイソギンチャクからの放水は、今でも鮮明に覚えてる(笑)
 あ、あと、高校出て四畳半のアパートに住んでたんやけど、風呂ないから銭湯に通ってたの。それで、ある日ふと気づいたわけ、「あのビルの屋上から女湯の脱衣所丸見えやん」って!!いや、マジでテンション上がったよね。位置確認して、早速そのビルに行ったらコレがドンピシャ!バッチリ拝めるでないの!!けど悲しいかな、いかんせん遠すぎる。その日は退散して、後日、双眼鏡を用意して再訪したの!…そしたら屋上のドア前で、パイプ椅子に腰かけたおっさんが腕組してこちらをキッと睨んでる。そう、門番よ門番。会員制よ会員制。一見さんお断り!!あの日ほど寂しい思いをしたことはなかった…。さすがに50近くになった今はそんな無茶できないけど、ほとばしるパッションというんかな、そんなんは理屈抜きで大切にしてる。まぁ、やっぱり今は胸チラかな。地域のバザー、縁日の金魚すくい、婦人靴売り場、そんな場所が俺に活力を与えてくれる。いい世の中だよ、ホントさ。
イメージ画像
[大阪・日本橋]ホテルヘルス
大阪貧乳女学園>>

2015/3/04 UP!!

連載その六
お待たせしました超ディープコラム第6弾! 今回、お届けするのは「大阪貧乳女学園」のウラ話!閑古鳥が鳴いていたオープン当初、 藤村氏の人格形成に関わる大事件が起こった!一気読み確実!藤村劇場、開幕です!!
ヌルヌルのおフロと、パンパンのチンコ。貧乳女学園、愛の軌跡!
コラム画像
 今更ですが、皆さんあけましておめでとうございます。どんなもんですか2015年?俺は相も変わらず街に繰り出して、胸チラハントに勤しんでおります。

 そんな健気な行いが幸いしてか、先日、とても可愛らしい19歳の女の子が入店しましてね。愛嬌はあるし、もちろん完全なる絶壁貧乳やし。んでしかも、アソコの毛がツルんとないの!聞くと、剃ったとかじゃなくて、生えてこないって言うやんか!!そ~ら心のなかでガッツポーズですよ。「天」のアイコンつけたんホンマ久しぶりやわ。

 あ、ウチの店ね、色々とアイコンがありまして。例えば天然パイパンは「天」、人工パイパンは「人」。乳首は「大」「中」「小」の3段階表示で、陥没乳首は「陥」てな感じ。すべてが俺の趣味というわけじゃなくて、基本的にお客さんの知りたいという要望があって生まれたアイコンやからね。良いも悪いも、お客さんの反応をいただける店になったと考えると、ホンマにありがたく思います。

 いや、それこそオープン当初はまったく客が来なかった。狭い2Kのアパートで店始めたんやけど、毎日のように閑古鳥が鳴いてたから。しかもその頃の俺は、女の子とまったくしゃべられなくてね…いやホントにマジで。コミュニケーションを取るにも一苦労やった。

 ある日、暇で暇で暇すぎて、一人の女の子が「ローション風呂する」って言いだしたの。しゃーないから浴槽にローションをトポトポ溜めてたら、「店長も入ろうや」って誘われたわけ。ホンマに嫌やってんけど、手をグイグイ引っ張られて無理やり放り込まれて…。そんで、俺のなかの何かがバチん!って弾けたの。「もう何でもいいわ」っていう変な開き直りね(笑)。

 それからは女の子とコミュニケーションとるようになって、お店にも活気が出てきたんよね。ただ、女の子のテンションは想像以上に高かった。例えば俺が電話受付していると、机の下に女の子が隠れていて応対中になったらチンコを触ってくるのね。それとか、暇やからコタツでうとうと居眠りしてたら、いつの間にかパンツ脱がされてシゴかれそのまま発射!アヘ顔で電話するのがオモロかったらしいけど、コタツ布団が精子でパリパリになって大変やった。

 別の日なんて、事務所に戻ると女の子が車座になって待っててね、まんなかに座ってパンツ脱げって命令するのよ。なんや怖いけど言うなりになったら、ガンガンにチンコをシゴいてくるわけ。んで、勃起したイチモツにヘアゴムつけて、その隙間に綿棒を何本も刺すの。そ~ら怖いよ、知らんもん、そんな儀式。それでね、言われたの「ハッピーバースデー」って。俺のチンコ、お誕生日ケーキやったみたい(笑)。

 あ、あとアレ、「コンドーム何枚付けられるか試そう」事件。100枚チャレンジ♪みたいなノリで、一人の女の子が俺のチンコをしごいて、もう一人が延々とコンドームをはめるのよ。もうパッツンパッツン!ありえないほどパンパンで、血とまるとまる!!60~70枚くらいやったかな、とにかくパンパンよ、パンパン!あれは忘れられんわ。

 とまぁ、和気あいあいと楽しいお店作りをしてきたわけですが、その雰囲気をお客さんとも共有できたのが一番の強みかなと思うわけ。なんか辛いことあったらウチのお店に来てください。きっとハッピーになれるから…って、単なる営業コラムになってもた。ごめりんこ♪
イメージ画像
[大阪・日本橋]ホテルヘルス
大阪貧乳女学園>>

2015/2/03 UP!!

連載その五
業界を揺るがすハードボイルドコラムも早いもので第5弾! 記念すべき新年号のテーマは、伝説の名店「ポコちんハウス」!その驚愕のサービス内容と閉 店のワケとは!?年男・藤村氏は、私たちの期待を決して裏切りません!
ツルツルの下半身と、毛だらけの女の子。幻の名店がイマ甦る!
コラム画像
   この号が出るのは新年だけど、コラムを書いているのは2014年の12月。巷はクリスマスムード一色で、サンタコスの女の子が楽しそうに街を歩いてる。あの子たちがどんなプレゼントを配ってるのかは知らんけど、俺がもらって嬉しいのは「胸チラ盗○ビデオ」かな。まぁ、もう持ってるんだけどね(笑)。

 海外のサイトで見つけてダウンロードしたんやけど、いやこれ、スゴいのよ!!有名百貨店から地方のバザーまで、ありとあらゆる場所で胸チラ三昧。「う〜わっ、そんな角度でどうして撮れんのよ!」っ
て、もう興奮しまくりの叫びまくり!!気付いたら300GBのハードディスクがパンパンになってた(笑)。金はかかったけど、一生もんの宝物だからさ。コレ以上の「オカズ」はないよ、マジで。陥没乳首の胸チラなんて最高やん!!…って、陥没乳首で思い出したけど、今回は「ポコちんハウス」の話をするんでした。

 え〜と、そうそう、晴れてオープンした「大阪貧乳女学園」が軌道に乗ってきて、次に出すお店をどうしようか悩んでたんやけど、ふと思い付いたのが「男の下半身エステ」。彼女と遊ぶためじゃなくて、風俗で遊ぶための身だしなみを整える場を提供しようと考えたのね。だから店名は「ダンディハウス」じゃなくて「ポコちんハウス」!謳い文句は『風俗未経験の女の子たちが、貴殿のポコちん、金玉、肛門をカッコ良くキラキラ&ピカピカにして差し上げます!』。これ、かなり斬新じゃない?

 具体的なサービス内容はというと、まず白のカッターシャツにネックリボン、黒スカートで正装した女の子が、チン毛やタマ毛、ケツ毛をきれいにカットしてくれるの。そんでから、肛門パック、ポコちん泥パック、スクラブマッサージなどで、下半身をツルツルつるりんこにしてくれるっていう流れ!もちろん手コキはあるけど、あくまでオプションやからね。いや、これマジ評判で、結構お客さん入ってたんよ。

 …けどね、女の子がいつも毛だらけで帰ってくるの。つまり、バリカンで毛を剃るから、それが派手に飛び散るわけ。だからかもしらんけど、仕事を終えた彼女たちの表情もイマイチ冴えない。あと、講習がマジで大変!こんなお店は他にないから僕がイチから教えるんやけど、女の子1人に何時間もかかってしまう。マッサージ講習も手を抜きたくないから、そ〜らモウしんどくてしんどくて…。5ヶ月くらいで閉めました(笑)

 んで、今考えてるのは「すかんちクリニック」!すかんち、つまりチンカスね。僕、仮性包茎なんやけど、チンカスがすんごい溜まる…。それがもう嫌で嫌で、なんとかしたいといつも思ってたの。だから、チンカスが一気にとれるオナホールみたいな商品作って、女の子がそれを使ってくれるお店を考えたんやけど…、ダメやろか?実は商品作りには着手してて、型取り用の固まるワックスにチンコ突っ込んでみたんやけど、全然チンカスとれんかった(笑)。

 てなことで、やっぱ「陥没乳首クラブ」にしようかなぁと考えているわけでございます。さて、今更ですが2015年。お陰さまで僕は年男。今まで以上に邁進しますので、本年も何卒よろしくお願い致します!
イメージ画像
[大阪・日本橋]ホテルヘルス
大阪貧乳女学園>>

2014/12/15 UP!!

連載その四
待ちに待った(?)劇的カオスコラム第4弾! 今回のテーマはついに「貧乳」!手コキだけでよくぞココまで引っ張ったなんて、 イジワルなことは言わないでください。さぁ、貧乳ラビリンスへご招待しましょう!
エステ店、アカスリ処、接骨院etc.至る場所に遺伝子を残す、ある男の生き様!
コラム画像
 僕がやっているお店は「大阪貧乳女学園」と言います。その名の通り、貧乳の女の子ばかりを集めているわけですが、まぁとにかく貧乳が大好きなんですよねボク。

 そのルーツを探れば、ウチのおかんが貧乳ってことに辿り着くんやろうけど、リアルな貧乳愛に目覚めたのは高校時代。体育の授業のときやったかな、ランク的に中の上くらいの女の子がいたんやけど、偶然その子の乳首が体操服の首元からチラッと見えたの。体操服って丸首よ丸首!そんなんで乳首見えるってどういうことやねん!!って、モウめちゃめちゃ興奮したわけ。

 なんか一人で盛り上がって、後日、告白したんやけど、なんと返事はOK!初恋やったし、そりゃもう天にも昇る気持ちやった。…けど、次の日にフラれたの。どうやら友達に「藤村は性格悪いし、やめとき」って言われたみたい。ま、言いたいこと言うタイプやったし、変に誤解されてたんやろうけどさ…、凹むわ。
 そんなこんなで貧乳娘との恋は儚く終わって、次に付き合ったのが以前にも話した「おしぼり手コキの女」。いつでもどこでも手コキしてくれるメチャええ子やったけど、おっぱいがCカップってのがね、ちょっといただけない。喫茶店で手コキされながらも、貧乳への想いが頭をよぎるわな。でも、それからしばらくして、新たな出会いがあったのよ。

Cカップには妹がいたんやけど(妹にもちょっかいを出したのは別の話)、その妹の親友がまた貧乳だったわけ!そりゃもう、必死にくどいたよ。なんとか落として、しばらく三角関係が続いたんやけど、Cカップと別れてからはその子一筋やったね。実際に結婚までしたから(笑)。

あ、ちなみに俺は三度の飯より「胸チラ」が好き。せやけど、自分の女が見られるのはゼッタイに許さない!!自分だけの貧乳を守るため、女の服装はかなり規制したよね。首元ゆったりのシャツとか問題外!あと、スッカスカのブラジャーね。ホンマあれは乳首チラの天敵やわ。貧乳にフィットするブラなんて基本ないから、毎日のように俺が肩紐の調節をしてやってた。キツく締めるんは愛情の裏返し…って、感じてもらえたかはちょっとわかんない。

 結婚してからもプラプラして、やりたいことも特になかったけど、貧乳への想いは増す一方。「これを仕事にできたら」と考えたのは、案外自然なことやったかもしれん。貧乳専門の風俗店を開こうと決めてからは、ホンマにニーズがあるのかとか、徹底的に調べたよね。その頃、ヤフーで「貧乳」と検索しても、ヒットするのは3万件ほど。現在は120万件だから、当時は貧乳というものが全然認知されていなかった。俺自身も、貧乳好きって公言するのが恥ずかしかったもん。だからこその不安があったんやけど、1年以上の準備期間を経て、「貧乳」の需要があるとわかったし、俺は間違ってないと確信できた。世の男性のうち貧乳好きは10%、その内半分がロリコンで、残り5%が真の貧乳好きと言われてる。俺はその残り5%に向けた店を作ると心に決めたんよ。その思いはホームページに詰め込んでるから、良かったらどうぞ。

 真面目か!ってツッコミは南港に沈めておいて、余談やけど、俺は陥没乳首が大好きです。しかも片方だけ陥没とか最高でしょ!?それを恥ずかしがる女の子の仕草(例えば、こっそり触って乳首を勃起させる)を見ると、ウォフ…ウォフフ、ウォォーフって内蔵飛び出そうなくらい興奮してまう(笑)。きっと皆も俺と同じやと思うから、ウチのパネル写真には「陥」の字をつけてます。もちろん陥没乳首って意味ね!

いつか陥没乳首専門店を出したいんやけど、それはちょっと難しいかな。「ポコチンハウス」の二の舞ってこともありえるし…。あれ、「ポコチンハウス」気になります?では、その話はまた改めて。
イメージ画像
[大阪・日本橋]ホテルヘルス
大阪貧乳女学園>>

2014/11/21 UP!!

連載その三
コアなファンが急増していると噂の激アツコラム第3弾! 日本橋にある「大阪貧乳女学園」で、変態エロ街道を突き進む藤村氏が、 珠玉のエピソードを読者にお届け!人生つまらないと嘆く前に、このコラムを読むが正解!
エステ店、アカスリ処、接骨院etc.至る場所に遺伝子を残す、ある男の生き様!
コラム画像
  早くも3回目の連載。読んでる人ホンマにいるんやろかって思うけど、まぁ打ち切りにならないだけでもアリガタイ話です。さて、今回のテーマは非風俗店。ヌイちゃいけないところでヌクことの快感は、何ものにも代え難いって話です、はい。  数年前かな、黒門市場の近くにあるエステ店に通ってた時期があってんけど、そこのお姉ちゃんがメチャメチャ綺麗なの。俺の誕生日にさりげなくプレゼントをくれる優しい子でさ、いつも一生懸命なんよ。けど、俺はいつも紙パンツ一枚。うつ伏せで片足上げられるときなんか「絶対にチ○コ見えてるやろ」って、アホな妄想が止まらんワケ。んで、何より興奮するのは、『ショーツの横を切りま~す』の声と同時にシャーっとハサミが入るあの瞬間!!「う~わっ、う~わっ」て絶対になるでしょ??施術後、着替え用の小部屋で一人シコシコする爽快感ったらなかったよね。辛抱たまらんくて、その場でシゴいて紙パンツで処理したこともあった(笑)。
 それで味をしめたってわけじゃないけど、堺の「○の湯」のオイルマッサージもよく利用したね。だってそこ、オバちゃんの手が、がっつんがっつんチンコに当たるんやもん。その気にならんほうがオカシイって話。1回目はトイレで自家発電したけど、2回目は「ココもやって」てな感じでオバちゃんの手を股間に持っていったんよ。『ちょ、ちょっと』って渋ってたけど、悲しい身の上話をでっち上げたら最後はヌイてくれた。俺がうつ伏せのときに、股間に腕をすべり込ませてしれっとヌイてくれるんやけど、そのさりげなさがまた良かった。けど、それが当たり前になると正直飽きるんよ。
 てことで、また堺にある違う銭湯に行ったんやけど、そこのアカスリのオバちゃんが威勢がいいワケ。タオルぱんぱんってして、『さぁ~やろかぁ~』みたいな。ちなみにその人、お釣りいらんって言うたら一発でヌイてくれた(笑)。がっつり手コキしてくれるから、かなりお世話になったんよね。名前は三木さんって言うねんけど、数ヶ月でいなくなってしもてん。三木さんどこにおるん、会いたいわぁ。
 まぁ、最近はオープンなアカスリ処が多くなってきたわな。浴場から丸見えみたいなさ。しかもオバちゃんは、風通しのいい入口付近でやたら施術したがるでしょ。ホンマ困るわ。そんなときは「寒っ!」って言う戦法をとってるんやけど、効果はあんまないみたい。関係ないけど、そんなアカスリのオバちゃんを眺めながら、ジェットバスにチ○コを当ててヌイたろうと思ったんやけど、さすがにこれは無理やったわ。
 そんなこんなで、次に目をつけたのが接骨院。もう、マッサージしたいんかヌキたいんかよくわからん(笑)。とにかくまずは、女性が院長の店を探しに探したわけ。んで、やっと見つけたのは、おばあちゃんと娘が営む小さな接骨院。家族経営ならではアットホームな雰囲気でね、カーテンで仕切るだけのスペースで施術してくれる。最初におしぼりを出してくれるけど、ヌクとかそんなムードには一切ならない。けど、俺は余韻でヌケる男やから、最後はもちろん“おしぼり手コキ”。カーテンの向こうにいるあの親子も、着替えもせずにシャカシャカしてるとは思わんやろね。
 なんというか、この年まで生きてきて「当たり前のところでヌイてもおもろくない」と思うようになった。自分で言うのもなんやけど、俺は考える変態やから、常になんか妄想してる。あ、そうそう、俺、貧乳大好きやねんけど、その話はまた次回。
イメージ画像
[大阪・日本橋]ホテルヘルス
大阪貧乳女学園>>

2014/10/25 UP!!

連載その二
早くも話題沸騰中(!?)のスペシャルコラム第2弾! マニア垂涎の名店「大阪貧乳女学園」で、ブレないエロ街道を邁進する藤村氏が、 惜しげもなくド変態エピソードを披露してくれる!世の男たちよ、今こそ彼の声を聞け!
千日前の地下風俗店で繰り広げられるガラケーバトルの真実とは?
コラム画像
 まさか本当に連載するとは思いませんでした。俺、前回は手コキの話しかしてないからね(笑)。そしてまた今回も手コキトーク満載やし。誰が興味あるねん!って言われそうやけど、まぁ、ちょっとでも暇つぶしになれば幸いです。
 さて、前にも少し話したけど、俺、20代のときはマジで金がなかった。結婚はしてたんやけど無職やったからね。でもアホみたいに性欲は強いから、3000円くらいでヌケる場所をいつも探してたワケ。
 そうやね、例えばパンパン(立ちんぼ)。昔から天王寺はパンパンの街やってんけど、普通に遊んだら1万以上かかるでしょ。けど財布には2000円しかない。だから交渉するわけ、「悪いけど2000円で手コキしてくれへん」って。そしたら『えぇ~ないわ~』とか言うけど、案外チャチャっとしてくれるんよねコレが。でも、お触りはゼッタイにNG。美輪○宏みたいなオバちゃんにもプライドはあったみたい。
 よく利用したと言えば、バーチャルサロン「グ◯スボーイ」。30分2980円やったかな、メガネ型の液晶テレビを装着してAV鑑賞できるんやけど、しばらくすると女の子が来てサクッとヌいてくれる。これ、かなり画期的なシステムやない?券売機でチケットを購入するという手軽さがまた良かった。それと、早朝のジャンケン大会!嫁さんには釣りに行くと嘘ついて、長い竿背負ってジャンケンポン!勝てば料金半額になるからこっちは必死なわけよ。まさか嫁さんも、下の竿のために必至こいてるとは思わんかったやろね(笑)。

 あと、梅田で見つけたんが5分1250円の超激安店!5分よ、5分!さすがに時間が短いから、店に入る前にイク寸前までシコるというのが俺のルーティンやった。いやホント、この店は重宝したよ。5分コースを利用するんは俺くらいやから、スタッフに顔覚えてもらえたしね(笑)。
 んで、これは結構最近の話やけど、千日前に怪しい地下風俗店があったのよ。とにかく胡散臭いねんけど、5000円でいいっていうから“まぁエエか”と思って入ったワケ。いやぁ驚いたね、店内真っ暗で何も見えへんし、音楽ガンガンやもん。手探りで狭いブース席に座らされて、うっすい酒飲んで待ってると、「どうも~」っていうしわがれた女の声。暗くて顔もわからんけど、オバちゃんなのは確か。会話もそこそこにチンコをまさぐり始め、手コキをしながら一言、「もう5000円出したら、奥でもっとイイことできるよ」。知らんがな!ですよ。そんなことより、俺はお前の顔が気になるって話。当時は俺、ガラケーやったから、それをテーブルに置いてさりげなくパカッと開くわけ。要はその光で顔を見たいんやけど、オバはんがそっと手を添えて携帯を折りたたむ。「いや俺、手コキ好きやから」って、またパカって開くと、「ねぇ、奥行こうよ」ってまたオバはんが折りたたむ。この攻防が永遠に続いて、最後に「もうエエわ」って言わせたからね。それはそれで、オモロイ体験やった(笑)。あ、もちろんフィニッシュはしたよ。おしぼり手コキでね。
 そんなわけで、色んな手コキ風俗を体験したんやけど、ある程度生活が安定した今は風俗と謳っていないお店で、いかにヌけるかをテーマにしてる。例えばスーパー銭湯のアカスリとかね。もし興味がある人がいれば、次回にその話をしようかなと思います。
イメージ画像
[大阪・日本橋]ホテルヘルス
大阪貧乳女学園>>

2014/10/03 UP!!

連載その一
マニアが涙して喜ぶ日本橋の名店「大阪貧乳女学園」。 その生みの親たる藤村氏は、エロひとすじバカになる、性欲バリアフリーの怪物だった! その壮絶たるヌキエピソードの数々は、まさに至宝!渇いた男たちの心にジンジンと響くのダ!!
僕のルーツはおしぼり手コキの女
もの凄いタイトルで紹介されているけど、僕自身はいたってノーマルな人間だと思っています。自分の好きなこと、やりたいことに対して正直に生きているだけ。ただ、やってはいけないコトほど、やりたくなるという問題はあるんやけど…。
 性の目覚めだってかなり遅くて、オナニーを覚えたのは高校生のとき。「シコるん最高やわ」とか、「1日3回も出したった」とか周りの奴が言うてたけど、最初はホント意味がわからなかった。昔は団地住まいで、窓から談笑する奥さんたちを見てチンコさすってたんやけど、気持ちいいとかなかったからね。
 高校になって彼女ができても、オナニー…というか射精の経験はナシ。それでもやっぱり神様はいて、人生最高の瞬間を用意してくれたわけ!その日は、彼女と「空手バカ一代」を見ながらマッタリしてたんやけど、ズボンの上からさすってくるのよ、僕のチンコを。んで、急にビビビっと電流が走ってパンツのなかにドピュドピュドピュッッ!「何じゃこりゃ~!めちゃくちゃ気持ちいいやんけ~!!」ってなわけですよ。オナニーより、セックスよりも先に、「手コキバカ一代」になったという話(笑)。
 いやもうそれからは、あらゆる場所で手コキしてもらいました。学校に公園、路地裏。この彼女、どこでもいつでもしてくれるんですよね(笑)。よく行く喫茶店があって、そこには麻雀ゲームがあったんやけど、僕はタバコを吸いながらそのゲームをするわけ。彼女は横にちょこんと座って、さりげなく股間に手を延ばす。チャックを下げて、イチモツをペロンと出して、チャカチャカチャカ!っと高速手コキ。このチャカチャカチャカがチョー気持ちいい!
 そして最後に登場するのが黄色いおしぼり。冷たいおしぼりで亀頭を覆い、しなやかに手首をスナップさせてザッツオール!これ、青春の思い出です。ちなみに、ドロッドロの白濁液を包んだ黄色いおしぼりは、お店のママがいつも片付けてくれるんやけど、これはさすがに気まずかった。「もういい加減にしときや~」という言葉は、匂い立つおしぼりに向けた言葉か、高校生の僕が吸うタバコに向けた言葉か、今でもわからない。
 大人になっても手コキへの愛は深まる一方。いかに安くヌケるかをテーマに風俗遊びをしていた20代なんかは、それこそ色んな手コキ店に行きましたね。まぁ、その話は次回にさせていただこうかなと思っています。次回があればの話ですけど(笑)。
[大阪・日本橋]ホテルヘルス
大阪貧乳女学園>>
コラムメイン画像

過去の動画
動くカノジョ
アソビバ的 野球拳
たくし上げの美学
大阪貧乳女学園藤村氏の裏筋コラム
JカップAV女優&風俗嬢 杏美月のOPPAIカウンセリング
それいけ!アソビーバー
妄想人妻録
激録 フードル密着24時
アソビバ生コミック
お尻ポンプで風船ふくらませレース
2度ヌキ
完全本誌限定!超緊急企画!期間限定「お顔出し」解禁
店外デート
O・O・Cを作ろう
不倫風俗
不倫の情景
女王様に会いに行こう!
海行こっか?
セクハラは風俗で
AV自販機巡礼の旅。
残暑お見舞い申し上げます。
エロが過ぎる風俗!
谷町人妻ゴールデン倶楽部 特設サイト
愛らしすぎる、可愛すぎる、柔らかすぎる彼女。