セックス

包茎はフェラしても大丈夫?状態によっては対策が必要!

包茎

日本人は包茎の人が多く、半数以上の男性が包茎の症状に悩まされています。この包茎をフェラする女性は、非常に辛い思いをしながら舐めている場合もあります。

実は、包茎をフェラする際には、対策をしなければなりません。対策をしないまま実施すると、フェラをする女性に大きな影響を与えてしまうこともあります。男性側も、できる限り対策を行って、女性に負担をかけないようにしましょう。

ここでは包茎をフェラするための対策、何もしなかった時の影響などを説明します。

この記事を読んでわかること
  • 包茎のペニスをフェラするリスク
  • 包茎のペニスをフェラする際の対象法
この記事は6分で読めます!

包茎の状態による女性のリスク

 

包茎の男性は、その状態によってフェラに大きな影響を与える場合があります。

特に実際にフェラをする女性としては、包茎によって不快な思いをする場合も多々あります。

実際の状態により、どのような影響が出るのか知っておくといいでしょう。

ここからは包茎の状態ごとの影響について説明します。

仮性包茎

日本の男性が多く抱えている問題である仮性包茎は、軽度であれば何も影響はありません。軽い状態であれば、そのままフェラをしてもあまり気にならないでしょう。

ただ、重度の場合は要注意です。重度の仮性包茎は、菌が付着している可能性が高いのです。また、カスが多く付着しているなど、フェラしづらい状況になっています。

真性包茎

真性包茎は、そのままフェラするのは危険です。色々な菌が付着しているため、フェラをすると病気になる恐れもあります。また、臭いもきついことが多く、そのままフェラをするのは非常に難しいでしょう。

風俗でも特別な対応を取る店があるなど、フェラの際は女性を守る傾向があるほどです。

カントン包茎

皮は剥けるものの、そのままではペニスに悪影響を与えている仮性包茎のことです。この状態も、基本的に清潔とは言えないため、そのままではフェラは難しいでしょう。また、仮性包茎よりも臭いがきつく、カスも多く付着しています。

カントン包茎についても、適切な対処をしなければフェラはできないでしょう。なお、カントン包茎はペニスの状態が悪いため、男性に無理をさせない対策も必要です。

包茎ごとにフェラをする際の対策法

包茎の状態により、女性のフェラのしやすさは変わります。しっかりと状態を確かめたうえで、対策を立てるように心がけましょう。

ここからは包茎ごとにフェラをする際の対策について説明します。

仮性包茎の場合

仮性包茎は、軽度であれば何も対策しなくて大丈夫です。軽い状態であれば、包茎ではない人と同じ扱いをしても、特に影響はありません。怪しいと感じているようであれば、少しだけ洗うなどの対策をしておきましょう。

一方で、重度の仮性包茎であれば、綺麗に洗ってからフェラをしたほうが安心です。菌が多く付着している可能性もあるため、性病や他の病気が発生する可能性を高めてしまいます。できる限り綺麗にしてから、フェラをするように心がけましょう。

真性包茎の場合

真性包茎の場合、洗っても菌が綺麗に取れません。洗うよりもコンドームを着用し、フェラをしたほうがいいでしょう。コンドームを着用しておけば、フェラで口内に菌が入り込む心配がありません。

ただ、男性側が嫌がる傾向にあるため、しっかり説得するなどの対応をしましょう。風俗の場合は、嫌われてもコンドームを着用して対応したほうがいいケースもあります。

カントン包茎の場合

カントン包茎の場合も、基本的にはコンドームを着用してフェラをします。洗っても完全には綺麗にならないことが多いためです。また、勃起させすぎると、男性が痛いと感じる傾向も多々あります。

痛みを訴えるようであれば、ローションを付けて手で触ってあげるなど、痛みを和らげる方法を取りましょう。あまり無理をしてフェラしないように心がけましょう。

包茎のフェラで対策をしなかった場合は性病にかかる可能性がある

包茎のフェラの際に何も対策をしなかった場合、病気になってしまう場合があります。フェラの病気と言えば、性病を思い浮かべる人が多いかもしれません。しかし、フェラで起きる病気は他にもあります。

代表的なものが扁桃腺炎です。扁桃腺にばい菌が入り、腫れてしまう状態です。扁桃腺炎は、食事にも影響するので、普段の生活がとても辛く感じられます。また、話しづらいと感じるなど、他の人とのコミュニケーションにも影響します。

扁桃腺炎は、しっかりした治療を受ければ改善しますので、病院を受診し、安静にすることが大切です。

最悪の場合はがんと診断されるケースも


扁桃腺炎はまだ病気の中でもそこまで大きな問題ではありません。扁桃腺炎以上に問題となるのが口腔がんです。口の中にがん細胞ができてしまい、免疫等を下げてしまう病気です。

当然がん細胞は転移しますので、放置していると次々と臓器をがんに冒されてしまいます。最悪の場合は死に至ってしまうため、口腔がんにならないように対策をしておきましょう。

また、口腔がんを克服するとしても、様々な治療を受ける必要があります。手術はもちろんのこと、抗がん剤治療によって体への負担は大きくなり、生活は大きく変わってしまいます。

他の場所に触れても病気に

口以外の場所にばい菌が入った場合も、病気に陥る可能性があります。真性包茎やカントン包茎を相手にする場合は、基本的に他の場所に触れないようにする対策を心がけましょう。

特に膣にばい菌が入り込むと、膣の炎症やがんに繋がる恐れがあります。

包茎の男性にはフェラ前に説明したほうがいい!


包茎の男性に対して、フェラ前に説明するのは嫌だと感じるかもしれません。説明したとしても、嫌がられる可能性が高くなってしまう他、風俗だと怒られてしまうケースもあります。しかし、説明しておかないと、体に大きな問題が生じるリスクを高めてしまいます。

何もしないでフェラをしたところ、扁桃腺炎になって仕事ができない、生活もままならないというのはとても嫌な状態です。また、がんになってしまえば、生死の問題となりますので、絶対に避けなければなりません。

真性包茎やカントン包茎であれば、まずは説明して納得してもらいましょう。どうしても納得してもらえないなら、フェラを断る、もしくは手術を受けるように勧めるなどの対策を取りましょう。

風俗の場合はスタッフを呼ぶ方法も

恋愛関係となっている人であれば、説明で納得してくれるケースもあります。しかし、風俗の場合はそうではありません。フェラを強引に要求するケースも多々あるため、風俗嬢は厳しい立場に立たされます。

どうしても説明に納得してもらえない場合は、スタッフを呼ぶなどして対応しましょう。無理な行為を要求されているとスタッフが判断すれば、その時点で接待を停止してもらえます。自分の体を守るためにも、他の人に頼るという選択も忘れないでください。

相手の方にもわかってもらうと安心

男性にもわかってもらえば、コンドームの着用によるフェラも安心してできるでしょう。男性にも感染する可能性がある性病を防ぐためであると、理由を強く説明してください。

しっかり説明し、納得してもらえる理由があれば、コンドームを着用してのフェラもできるのです。

まとめ

包茎のフェラは、仮性包茎を除けばコンドームを着用して行うのが基本です。コンドームを着用しておかないと、病気に陥るリスクが非常に高くなってしまいます。

また、仮性包茎でも病気の可能性があるため、念のためコンドームを着用してフェラをしたほうがいいかもしれません。

確実に病気を防ぐための対策を取っておけば、安心してフェラを続けられるでしょう。そのためには、しっかりと相手が納得するまで説明するように心がけましょう。

ABOUT ME
若戸 明
若戸 明
ガラケー時代から出会い系に親しんでおり、出会った総数100人以上。今の妻とも出会い系で知り合う。結婚後しばらく、出会いから遠ざかっていたが、直近では、「パパ活」が益々熱くなると見込み、「2020年パパ活元年」と銘打ち18年ぶりに本気で出会い系を行っている。