セックス

乳首が敏感な女性はどこにいる!? 攻略して最高にエロいセックス

乳首の愛撫の方法

世の中に、おっぱいが嫌いだという男性はいないと思います。

もちろん貧乳が好き、巨乳が好き、はたまた形重視などおっぱいの好みは人それぞれ。
セックス中に重点的におっぱいを攻めるという方も多いのではないでしょうか。

おっぱいは全体の総称です。乳首乳房に分かれます。

それではここで問題です。
女性が特に敏感なのは乳首と乳房、どちらでしょうか?!

ある程度セックス経験があったり、もしくはAVとかエロゲとかで勉強しまくっていたりする君ならすぐにわかるはず。

正解は乳首だ!
乳首と言えば、言わずと知れた性感帯です。男性の中にも、乳首を触られると感じてしまう…という方は少なくないですよね。おっぱいの中でも乳房のほうは、見ても触ってもわかる通りほとんどが脂肪でできているため、正直そこまで女性は感じません。

乳首を制するものはエッチを制す
今回は、そんな女性の敏感な性感帯、乳首についてまとめてみました。

ここで注意しておきたいのは、結局のところ神経はどんな乳首であっても必ず通っているわけなので、我々男性の愛撫の仕方、刺激方法によって乳首で感じさせることは可能だということです。

乳首の感度は女性によって千差万別

女性は一律で乳首の感度が同じかと言えば、全くそうではありません。

女性をよく知ること=これが第一歩です。おっぱいを愛撫する際の注意点がわかり、今まで以上におっぱいを攻める際に女性を気持ちよくさせてあげることができるはずです。

複数人の女性とセックスしたことがあるという男性なら、乳首だけにピンとくるのではないかと思います。女性によっては軽く乳首をはじいただけで腰をのけぞらせて感じ、かと思えばほぼ無反応に近かったり、はたまた絶対に演技だろ…という反応を返してくる女性もいます。私も過去にセックスしてきた女性たちの乳首の感度の差は結構ありました。さあ、これはいったいなぜなのでしょうか。

巷で耳にするウワサ
  • 「おっぱいが大きい女性ほど乳首の感度が低い」
  • 「貧乳は乳首が敏感」

これって果たして本当なんでしょうか?

私の実体験から思い起こせば、確かに過去セックスした女性たちの中でもAカップやBカップと貧乳寄りの女性のほうが、乳首で感じまくっていたような気もします。

乳首に通う神経について
乳首には感度をつかさどる神経が2種類通っています。乳首の表面にはマイスネル小体、さらにその奥にはパチニ小体という、それぞれ触覚と圧に敏感な神経があるのです。

この神経の通り方の差というのはなく、女性はみな同じです。また個人差もあります。
女性の意見
そこで、女性に聞いてみますと、
乳首の形であったり、以下にこれまで開発されてきたかであったり、セックス経験もなく、特にオナニーでも乳首を開発してこなかったという女性の中にも「乳首だけでイケるくらいに感じる」という方もいますし、反対に、セックス経験はそこそこあるのにいまだに乳首ではあまり感じない…という方もいるようなのです。

乳首の感度に、大きさ自体は関係がないということがわかりましたが、
女性のタイプには共通項があるのでしょうか?
次で調べていきたいと思います。

乳首が敏感な女性の見分け方(個人的見解)

乳首が敏感な女性の特徴を3つ、紹介していきたいと思います。
私個人の経験を踏まえ、乳首が敏感な女性は下記になります。
※個人的見解となります。

  • 乳首の面積が大きめの女性
  • 生理前の女性
  • 鎖骨が出ている女性(胸周りの皮膚が薄い女性)

まず敏感な乳首というのは、比較的面積が広い場合が多いです。
乳首には大小があると思いますが、大きめの乳首、特に乳頭は感じやすい傾向にあるようです。というのも、先ほど申し上げた通り乳首にある2つの神経が刺激しやすいからですね。要は、おっぱい自体の大きさよりも乳首の大小や形状で敏感さに違いが出てくることがあるということです。

また、どんな女性にも一定期間乳首が大きく期間があります。それは生理前です。
乳首が敏感、感じさせやすい女性の特徴としておさえておきたいことのもう一つは、生理前の女性は乳首がとっても敏感になっているということ。これは女性ホルモンの分泌に関係があることなのですが、生理前は女性ホルモンの分泌がマックスになっています。

乳首は女性の子宮と深くつながっているということも科学的根拠で証明されているので、生理前に乳首が敏感になるというのは理にかなっています。

ただし注意も必要です。敏感になりすぎて乳首への刺激が痛いほどに感じてしまう女性もいるということ!生理前の女性とセックスして乳首で感じさせまくってやろうと思っても、簡単にはいかないことを覚えておいてください。

「生理直前だからムラムラする~」と言ってセックスすることになったとしましょう。(実際に、生理前に性欲が強まる女性は結構多いです)ここで、よし!生理前なら乳首が敏感なはずだから乳首でアンアン言わせてやろう!なんて張り切って刺激しまくったらキレられる、なんていうのはない話ではありません。というか私も過去に経験があります(笑)

生理前の女性は確かに乳首が敏感になりますが、その感度には差があるので、相手にしっかりと確認を取ってから乳首を刺激してあげるほうが良いでしょう。

乳首が敏感な女性の特徴を紹介しますが、こちらはちょっと迷信というか科学的根拠はないものの、私の過去の経験的には結構当てはまると思うものです。
それが、鎖骨の出方が激しい、要は胸周りの皮膚が薄い女性は乳首の感度が高いということ。

以前はなんとなく思っていただけなのですが、乳首には2つの神経が通っていて、それが刺激しやすい女性は乳首で感じやすいということが判明してからは、結構理にかなったものなのではないかと思い始めました。だって、皮膚が薄い=奥にある神経も刺激しやすい、ということになると思いませんか?

女性が感じる乳首の愛撫の方法については次の項目で触れるのですが、乳首の奥にある神経って女性が乳首でより感じるにあたって重要なのです。

私の経験上の話ではありますが、割と的を得た話だとも思うのですが…みなさんはどう思われますか?(笑)

女性が感じる乳首への愛撫の方法をレクチャー


引用元:うまおくんチャンネル

それでは次に、実際に女性が感じる乳首への愛撫のやり方を解説していきたいと思います。

これさえマスターすれば、今まで乳首の感じ方がイマイチだった女性相手でも、ほぼ確実に感じさせることが可能です。

セックス相手の女性が乳首をビンビンに固くして感じまくる姿を見たいという方はぜひお試しください。

①乳首の表面を指の腹で刺激

まず乳首への刺激の手始めに、乳首の表面を優しく円を描くようにさすっていきます。

乳首の表面には先述したようにマイスネル小体という神経が通っていて、優しく擦られることによって心地よい快感を覚えます。

 

できれば、乳首の根本~先端を網羅するように指の腹を使って刺激していきましょう。

 

②乳首を舌で刺激

相手の女性が2①の愛撫で感じてきたら、次に①と同じように乳首の根本~先端を舌で刺激し始めます。

下の先を使って舐め上げるようにしてあげると良いでしょう。

 

女性が感じてきたかどうかの見分け方としては、乳輪がぎゅっと縮まり、乳頭がツンと固くなってきます。

この状態が乳首の立っている状態で、女性が感じている証拠になります。

 

喘ぎ声ももちろん感じているかどうかの指標にはなるのですが、中には演技で声を出す女性もいるので乳首の反応を見たほうが確実です。

③乳首を指の付け根で挟んで刺激

十分に舌で愛撫したら、次に人差し指、中指の付け根を使って刺激します。

わかりやすく言えばピースサインのような感じで、指の付け根で乳首を挟む感じです。

 

挟んだ指を小刻みに震わせるようにして、バイブレーションさせていきましょう。

挟み方の強さは女性の反応を見ながら強めたり弱めたりします。

イマイチどのくらいの強さが良いかわからない場合は、

「もっと強くしようか?」

など聞きながらやっていくと、その女性がどの程度の刺激が気持ちいいのかわかります。

④乳首を指でつまんで刺激

次に乳首の奥にある神経、パチニ小体を刺激するのですが、この時は親指と人差し指、中指を使って乳首を優しくつまみましょう。

 

乳首をキュっとつまんだところにパチニ小体があることをイメージしつつ、刺激を繰り返していきます。

⑤乳首をねじって刺激

つまむ刺激が十分にできたところで、次はちょっと変わった刺激を与えていきます。

これが女性にとっては一番刺激の強い愛撫方法です。

④で乳首をつまんだ状態になっているはずなので、そのまま左右にクリクリとねじりを加えましょう。

この時、しっかりとつまんだ状態であれば奥にあるパチニ小体が、軽くつまんだだけの状態であれば表面にあるマイスネル小体が程よく刺激されます。

⑥すべての手順を織り交ぜて繰り返し刺激

相手の女性の反応を見つつ、①~⑤までの手順をランダムに繰り返して刺激していきましょう。

変に順番通りだと、マニュアル通りの面白くないセックスだと思われてしまうかもしれませんので、そこだけは気を付けてください。

また全体を通しての注意点がひとつ。

それは、男性の力というのは自分が思っている以上に女性にとって強く感じているということです。

男性が「ちょっとだけ強くつまむ」つもりで力を入れても、女性にとっては「かなり強くつままれている」感覚になります。

セックス中に女性に触ってもらうとき、「もっと強く激しくしてれた方が気持ちいいのに…」と思うことがありませんか?これって男女の力の差なんです。

そうした部分も考えて、女性は基本的にか弱いもの、そしてその中でも乳首はさらに敏感でか弱いものだと思って大切に扱ってくださいね。

目安としては、5分程度乳首の愛撫に使うとベストでしょう。

あとは相手の女性の反応をみて、もっと続けてほしそうだったらさらに愛撫してあげてくださいね。

 

 

私の乳首が敏感な女性とのセックス体験談

 


私が過去に体験したセックスの中でも最も乳首が敏感だった女性は、出会い系で出会ってセックスすることになった女性でした。

別にセフレを探すために出会い系をしていたわけではなく、単純に暇なときの暇つぶし相手をしてくれる女性を探すためだけのつもりだったのですが…。

その日はたまたま超暇で、割と早い時間から飲みに行きたかったのですがなかなか相手が捕まらず、結局出会い系の掲示板で見つけた暇そうな女性に付き合ってもらうことになったわけです。

で、17時に待ち合わせて大衆居酒屋へ。相手がどんな女性だったのかというと、年齢は30歳で独身OL。どうやらバリキャリのようで、その日はたまたま私と同じで休みだったようです。髪はセミロングを後ろでまとめていて、服装はシンプルですが清潔感があって好印象。この時は特にそういう対象として見ていなかったのですが、胸はCカップくらいで細身、なかなかのスタイルです。

お酒は割と強いタイプとのことで意気投合し、飲み放題でけっこう飲んで、仕事の話からプライベートの話まで盛り上がりました。

すると恋愛関係の話になった時、急に彼女は愚痴モードに。

1か月ほど前に付き合っていた男性からフラれたとのことで、まだ引きずっている様子でした。

しかしそのまま愚痴と酒が進み、彼女が結構べろべろに…。

最終的には、

「今日帰りたくない」

が始まってしまいました…。

しかし時刻を見るとまだ22時。

 

当時私はフリーでしたし別に彼女ともしセックスする関係になったとしても、特に困ることはありません。

なんなら顔もスタイルも悪くないし、相手が求めているならまあいいか…というノリで、そのままラブホへINしたわけです。

でも彼女は泥酔だし、セックスするような感じになるかどうか…と思っていたら、部屋にあった無料の水を飲んだ瞬間に今の状態に気が付いたようで、ひたすら謝っていました。

でも正直ここまで来たらやることはやるモードに入ってしまった私、とりあえずシャワーを浴び、彼女にも勧めると恥ずかしそうにしつつもすんなりシャワーへ。

結局そのままシャワーを上がった直後にベッドインしたわけです。

キスをしながら首筋をたどり、そのまま胸を揉み始めます。

小ぶりで形の良いおっぱいに興奮し、乳首をつまんだ瞬間に彼女の身体が跳ね上がり、

「あぁっ!」

と声を上げるではありませんか。

なんと彼女、乳首がかなり敏感な体質なのだそう。

乳首はちょっとだけ大きめ、ツンと立っていて非常にエロイです。
そのままつまんだり舐めまわしたり、吸い上げたりと攻めまくります。

腰をビクつかせながら私にしがみついてくる彼女、最後に吸い上げながら軽く先端をチロチロ舐めて刺激したところ、

「あっダメ!イク!」

とひと声。

乳首だけでイける女性には初めて出会いました…。

めちゃくちゃエロくて大興奮です。

どうやら乳首が敏感な女性は他の性感帯もかなり敏感なようで、脚を開くともはや大洪水のずぶぬれ状態。

指でクリトリスをいじるとまたも痙攣。

こちらもそんな姿をみせられたらたまったもんじゃなく、即ゴムを付けて挿入。

腰を振りながらも乳首を刺激すると、そのたびに中が締まって最高です。

一度彼女を中と乳首の刺激でもう一度イかせて、ラストスパート。

彼女の乳首を両方つまんで中を思い切り締めてもらいつつ、そのまま発射!

乳首がここまで敏感な女性とのセックスは初めてだったのですが、エロさも感度もまさに最高でした。

その後セフレ関係になったのは言うまでもありません…。

乳首の感度が高い女性と最高のエッチをする方法

  • 乳首の感度は女性によって大きく差がある。
  • 乳首が感じない女性はいないので、感度をどう見極めるか次第
  • 乳首が敏感な女性はセックス好きの可能性大

乳首は子宮ともつながっているということからここが敏感だと本当に全身が敏感になるみたいですね。もしセックス相手がまだ乳首で感じられないという方は、今回紹介した愛撫方法で何度も試してみると、徐々に開発されて敏感になってくるはずですよ。

再度忠告になりますが、女性の乳首は非常にデリケートなので強く刺激すれば良いというものではないですし、男の力は意外と女性にとっては強く感じるものだということだけは忘れないでくださいね。

これをおさえたうえで、ぜひ、男性のみなさんは女性の乳首への愛撫をお試しあれ!
最高にエロいセックスにつながるはずですよ。

ABOUT ME
キノコ ちゃん
キノコ ちゃん
アソビバ編集部紅一点の女性ライター。大学卒業まで一貫した女子校育ち。父親は某有名お菓子メーカー(上場企業)の社長をしている。学生中の閉ざされた環境の中で育まれた妄想力が彼女の魅力である。某女子大・文学部卒業。ファザコンであり、極度に偏った恋愛感の持ち主であり、同人誌やエロ小説の執筆経験もあり。アソビバでは、直近の趣味である、アダルトグッズのレビューやSEXへの好奇心を元に、少数派の性癖をもった世の中の男性・女性と執筆を通じてお友達になりたいです!