セックス

騎乗位でセックスをさらに楽しむ!彼と一緒に何倍も気持ちよくなろう

騎乗位

セックスをするにあたって、挿入後はどうしても彼に任せがちになったり、自分も何かしたいけれど何をしたらよいかわからなかったり…そんな女性にはぜひ、騎乗位をマスターすることをオススメします。

好きな男性とのセックスで、相手を喜ばせたいと思うのは女性として当然のこと。
騎乗位さえマスターすれば、その願いは叶います!

しかも騎乗位の魅力は、相手の男性を喜ばせることができるだけではなく、自分にとってもすごく気持ちがいいということです。

女性が主導権を握れる唯一の体位、騎乗位をカンペキにして、今まで以上に満足度の高いセックスを実現しましょうね。

そもそも騎乗位ってなに?

騎乗位というのは、セックスの体位の中でもかなり代表的なものになります。
多くの体位は男性が優位で、男性が動くことによって快感を得るのですが…。

唯一、騎乗位だけは女性が優位になってセックスを行うことができる体位なのです。

騎乗位は別名で「女性上位」と呼ばれる体位。
この漢字をみるとどんな体位なのか想像できるという方も多いのではないでしょうか。

騎乗位は、あおむけに寝た男性の上に女性が対面で乗る形になって挿入します。
その様子が馬に乗っているような、騎乗に似ているから騎乗位という名前が付きました。

大体のセックスの体位は男性が主導で動いていきますが、騎乗位だけは女性が主導権を握って動いていかなければなりません。

だからこそ、やったことがないという方からしたら

「挿入まではいけるかもしれないけど、どう動いたらいいかわからない」
「深く入りすぎちゃいそうで怖い」
「相手に重いと思われたらいやだな…」

なんて疑問や不安が出てきてしまいますよね。

私も正直、初めて騎乗位を試そうと思ったときにはいろんな心配で頭がいっぱいになってしまった記憶があります。

でも、相手に任せるだけのセックスより、たまには私たち女性が積極的に動くセックスも良いと思いませんか?

今まで任せっきりだったセックス、こちらから騎乗位のアプローチをすれば彼は絶対に喜んでくれると思います。
いつもと違った体位や積極性に、いつも以上に燃えてしまうかも!

次の項目では、騎乗位の流れや彼を喜ばせるためのコツもまとめていますので、騎乗位初心者の方は必見です。

騎乗位で彼を喜ばせる手順やコツ

それではまず、騎乗位をするにあたっての手順から説明していきたいと思います。

①男性にあおむけになって寝てもらう
騎乗位なので、まずは男性にあおむけの状態で寝てもらいましょう。
この時男性の脚は伸ばしたままでも、ひざを曲げてもどちらでもOKです。

ただ、最初のうちは脚を伸ばしてもらってフラットな状態のほうが、その後の手順で楽かもしれません。

②男性がきちんと勃起しているか確かめる
男性が勃起していないと、上に乗って挿入することができません。
横になってもらったら、それとなく勃起の状態を確かめましょう。

挿入に十分な状態でなければ、手でしごいたり、積極的に慣れる女性はフェラやシックスナインをしたりなどしてしっかりと勃起させてくださいね。

③上にまたがり、手でペニスを握って膣の入り口にあてる
十分勃起したら、いよいよ挿入に向けて動きます!
彼の上に対面でまたがったらペニスを握り、膣の入り口にしっかりと押し当ててください。

この時十分に濡れていないと挿入の時に痛みを感じることがあります。
亀頭を膣の入り口に押し当ててそのままこすったり、クリトリスに鬼頭をこすったりして十分に濡れるようにしましょう。

準備が整ったら、いよいよ次は挿入です。

④ゆっくり挿入する
亀頭を膣の入り口に押し当てたまま、徐々に腰を落としていきましょう。
ゆっくり挿入しないと、騎乗位の場合はかなり膣の奥までペニスが入ってくるので痛みを感じる場合があります。

しっかりと腰を下ろしたら、挿入完了です!

⑤挿入したまま膣とペニスをなじませる
挿入ができたからといって、すぐに動くのではなく、まずは一呼吸おいてじっとしてみましょう。

これはどんな体位の時でも言えることなのですが、セックスの際は挿入したらしばし動きを止め、一つになっている、つながっているということを男女が互いに感じることで感度が上がります。

騎乗位でもしっかりと、ひとつになった感覚を味わってみてくださいね。
この時に彼に抱き着いたり、キスしたりするとなお良いです!

ここまでが、騎乗位になるまでの手順ですね。
騎乗位の体位に持ち込むまでの流れで彼を喜ばせるコツをまとめるとこちらのようになります。

・挿入前に手コキやフェラをしたりシックスナインをしたり、積極性を見せる
・挿入前に亀頭を膣やクリトリスとこすり合わせる(男性もこれは気持ちいです!)
・挿入が完了したら、抱き着いたりキスしたりしてスキンシップを楽しむ

挿入まではこれでばっちりです!
スムーズにできなくても、男性からすると

「頑張ってくれているんだな」

と嬉しく感じるものです。
あまりに慣れていてテキパキ動くほうが、慣れているのではないかと不安にさせてしまうこともあるので、そちらのほうに注意が必要かもしれません。

騎乗位で挿入した後の動き方については、【騎乗位のバリエーション4つを紹介】の項目で詳しく解説しているので要チェックです。

騎乗位のメリットとは

セックスに騎乗位を取り入れることには、実は多くのメリットがあります。
ここからは、騎乗位のメリットを紹介していきます。

①女性が自分で気持ちいいポイントを刺激できる
騎乗位は女性が主導権を握り、自分で動くことができる数少ない体位。
腰の動かし方によって、自分の気持ちいい場所にペニスをピンポイントで当てることが可能です。

気持ちいい場所の刺激の仕方も自分の調整一つで自由ですし、騎乗位をマスターすると自分でイクのを調整することもできてしまいます。

②相手の興奮を誘うことができる
騎乗位以外の体位でもセックスは興奮するものですが、騎乗位は唯一女性が男性の上に乗る体位。

男性は騎乗位をすると、他の体位では感じられないような興奮を得ることができます。
下から見上げる女性の身体といった視覚的興奮や、いつもと違った挿入感でいつも以上にアツいセックスになること間違いありません。

③男性が疲れないである程度長くセックスを楽しめる
騎乗位以外の体位というのは基本的に男性が動かなければならないものばかり。
できるだけ時間をかけてセックスしたいと思っても、男性に任せっぱなしだと相手は疲れてしまいます。

疲れてしまうと勃起が弱くなったり、イキずらくなってしまう可能性も…。
そんな時に騎乗位で女性がリードすれば、男性側が疲れすぎてしまうことはなくなります。

④慣れるとGスポットやポルチオの開発も可能
女性の膣の中にはGスポットやポルチオと呼ばれる非常に強い快感を得ることのできる性感帯が存在しています。

Gスポットは比較的膣の手前、上に存在していて、ポルチオは膣のかなり奥の子宮に近い部分に存在しています。

騎乗位を極めていくと、自分で角度や深さを調整してGスポットやポルチオにペニスを当て、開発していくことも可能なのです…!

今まで以上に快感を強く味わえるセックスにのめりこんでしまうかもしれませんよ。

このように、騎乗位にはいろんな側面でメリットがあるので、セックスに取り入れて損はありません。

ちなみに騎乗位のデメリットは正直あまりなくて、強いて言うなら

・慣れるまでは女性が恥ずかしいと感じてしまう
・コツをつかむまで腰の動かし方が難しい

このあたりではないでしょうか。
どちらも、何度も騎乗位をするうちに感じなくなるデメリットですので、そこまで深刻に考える必要はないのではないかと思います。

メリットのほうが断然多いので、デメリットを恐れずに騎乗位にチャレンジしてみましょう!

騎乗位のバリエーション4つを紹介

騎乗位はシンプルに女性が腰を動かすだけのやり方ではなく、実は腰の振り方や上に乗った時の体勢によってバリエーションがあります。

代表的な騎乗位のバリエーションを4つ紹介しますので、基本の騎乗位に慣れたらこちらも試してみてはいかがでしょうか。

①両手を男性の胸において、自分の胸を寄せて動く
こちらは女性が手を着く位置を変えるだけで簡単に試せるのでオススメ。

自分の身体を支えつつ、両手の幅を狭めて自分の胸を寄せるようにしてみてください。

男性が下から見上げたときに、胸が寄って普段よりも巨乳に見えます。
しかもそのおかげで、騎乗位で動くときにおっぱいがゆさゆさ揺れる様子に興奮すること間違いなしです。

②腰の動きを変化させていく
騎乗位で動く際は上下運動が基本ですが、なにも動き方はそれだけに限られません。

前後に腰をスライドさせるグラインドの動きや、慣れてきたら腰を八の字に動かしくねらせる動きなど試してみましょう。

動き方によって男女ともにあたるポイントが変わり、ただ上下運動をしているだけでは感じられない刺激を味わうことができるようになります。

③M字開脚で騎乗位
スタンダードな騎乗位は男性の身体にまたがるだけですが、実はM字開脚の体勢でも騎乗位は可能です。

両手を自分の身体より後ろにまわし、男性の太ももあたりにおいてください。
そしてそのまま、脚をM字開脚するだけです。

この体勢は男性の視覚的にはかなり刺激が強く、結合部分が丸見え。
普通では味わえない視覚的刺激を与えることができますよ。

④覆いかぶさるようにして相手を攻める
騎乗位はせっかく女性優位の体位なので、挿入だけでなくほかの刺激も与えてあげるというのも良いです。

例えば覆いかぶさるような体勢になれば、男性の乳首や首筋を舐めたり、耳元でいやらしい声を出したり、自分からキスしたり…。

せっかくなので相手がより興奮するようなアプローチをしてみましょう!

以上、騎乗位のバリエーションを4つ紹介しました。
最初から無理してチャレンジすることはないですが、騎乗位自体に慣れてきたらぜひ。

騎乗位の体験談

騎乗位を私が初めて体験したのは、実はセフレ相手でした。
彼氏がいたころもセックスはしていましたが、当時の彼氏は自分が攻めるのが大好きというタイプだったので、私のほうから騎乗位をやってみようという発想もしたことがなかったのです。

しかしその後彼氏のいない期間が長くなったときに手を出したのが出会い系。
何人かセフレを作って、性欲を発散していました。

そのセフレの中の1人が、かなりセックスに貪欲な人で、この相手から騎乗位をするように言われてやったのが人生初でした…。

だから初めてだったにもかかわらず、もっと激しく動けとか、M字開脚しろとか、いろいろ命令されてかなり恥ずかしかったですが相当興奮したことを覚えています。

私が騎乗位にハマったきっかけでした…。

騎乗位を極めると、自分でGスポットやポルチオを開発して刺激することも可能になって、より一層セックスが楽しくなります!

結局当時のセフレで完全に騎乗位大好きになった私は、その後恋人ができても積極的に騎乗位でセックスしています。

相手も結構喜んでくれますし、特にMっ気の強い男性相手だとかなり支配感を感じて気持ちいいみたいですよ!

SNSを見てみると、私以外にも騎乗位が好きだという方は多くみられました。

こちらのツイートとかすごく同意なのですが、下から感じるペニスっていつもと違う感覚で本当に気持ちいいんです。
たしかに顔については二十顎とかの心配はありますが、正直相手も気持ちいいほうに意識が行っているのであまり気にならないと思いますね。

 

こんな声もあります。
たしかに、騎乗位は自分で調整できるから男の人に好き勝手突かれることもなく、痛くなくセックスできるというメリットもありますよね。

 

正常位で慣れてしまっている女性にも、ぜひ騎乗位は試してみてほしいと思います。
騎乗位はこちらのツイートでも書いている通り、相手の反応をしっかりと見ることができますし、射精管理できるというのもいいところです!

 

まとめ

今回は、騎乗位に興味のある女性のために、騎乗位の手順やコツ、メリットなどたくさんの情報を盛り込みました。

セックスで騎乗位をする女性はたくさんいるので、恥ずかしがったりせずに一度チャレンジしてみませんか?

一度やったらきっと病みつきになります…!

さらに気持ちいいセックスを求めて、あなたもぜひ騎乗位をマスターしてみませんか?

ABOUT ME
若戸 明
若戸 明
ガラケー時代から出会い系に親しんでおり、出会った総数100人以上。今の妻とも出会い系で知り合う。結婚後しばらく、出会いから遠ざかっていたが、直近では、「パパ活」が益々熱くなると見込み、「2020年パパ活元年」と銘打ち18年ぶりに本気で出会い系を行っている。