セックス

ドライオーガズムは本当に気持ちいい?前立腺を刺激する方法・コツを紹介

ドライオーガズム

ドライオーガズムという言葉を知っていますか?

知らない方が多いかもしれませんが、これは男性が射精をせずに快感を得ている状態を指します。

この状態に達した場合、射精している時よりもさらに気持ちいい状態に達します。

この記事では、そんなドライオーガズムについて説明します。

実際にドライオーガズムへ達するための方法や、注意すべきポイントも紹介します。

実際に挑戦したい人は、この記事を読んで方法を理解しておきましょう。

男性に強烈な快感を与えるドライオーガズムとは?

男性にだけ与えられる強烈な快感、それがドライオーガズム

ドライオーガズムは、ある方法により、射精をしていないのに快感を得られる行為です。

男性は、射精で快感を得るのが普通のやり方ですが、ドライオーガズムに達すると、普通のオナニーよりも強烈な快感が発生します。

この方法を実施するには、前立腺への刺激が重要です。

しかし、前立腺というのは、体の奥にある部分で、普通の方法では触れません。

男性がペニスを刺激しても、それは前立腺へ直接刺激を与られるわけではないのです。

そこで快感を得るために、直腸から刺激を与えるという方法を使います。

肛門を広げ、その中にある前立腺を刺激すると、最終的にはドライオーガズムに到達し、これまでにない反応を得られます。

実際に絶頂に達した場合は、突然体が痙攣したり、頭の中が真っ白になるなど、通常では得られない体の変化があります。

まるで女性のような絶頂をしているために、「メスイキ」という表現を使う人もいます。つまり、男性が女性のような絶頂をしていると考えていいでしょう。

ただ、実際に経験するためには、様々な課題をクリアしなければなりません。難易度の高い行為と言えるでしょう。

ドライオーガズムが与えるメリット

ドライオーガズムが与えるメリットはいくつかありますが、その中でも特に体に与える影響が大きなものを紹介します。

1. 絶頂が長期的に続く
普段の絶頂は、短時間だけの快楽であり、その後すぐに気持ちいい状態は終わってしまいます。しかし、ドライオーガズムが発生すると、絶頂が長時間続きます。

延々と気持ちいい状態が続くため、今までの気持ちよさが何だったのか、わからなくなるくらいの状態になります。

女性が長く絶頂しているのと同じような感じが、男性にも得られるのです。

2. 射精以上の快楽あり
長時間の絶頂に加えて、射精以上の快楽が得られます。

射精も気持ちのいい行為ですが、ドライオーガズムは射精をしていないのに強烈な快感があります。

体が言うことを聞かないような状態で、延々と絶頂をしている感じ。

こうした射精にはない気持ちよさを感じてしまうと、メスイキがすごいと感じるかもしれませんね。

3. 延々と絶頂できる
一番のメリットは、賢者タイムと呼ばれる状況が起こらないこと。

賢者タイムというのは、射精してからしばらく発生する、性欲が失われる時間です。

普段のセックスでは、こうした時間が発生するため、2回目以降の行為が難しくなっています。

しかし、ドライオーガズムの場合、賢者タイムはありません。

終わってもすぐに絶頂したいという気持ちが残ります。つまり延々と絶頂できるため、より大きな、そして長い快感を味わえるのです。

ドライオーガズムを実現させる方法・コツ

ドライオーガズムを実現させるためには、まず前立腺を刺激する方法を理解しましょう。

これから紹介する手順通りに進めていけば、ドライオーガズムを得られるようになります。

ただ、すぐに経験できるわけではないため、ある程度同じ行為を続けるように心がけてください。

1. 肛門を広げる
まずは肛門を広げましょう。

肛門が広がらないと、何も入りませんので前立腺を刺激できません。普段から広げるようにして、道具が入るくらいに調整しておきましょう。

また、性的な興奮も一緒に高めましょう。興奮しない状態では、ドライオーガズムに挑戦しようという気持ちもなかなか来ませんよ。

2. ローション等を使い中を滑りやすくする
腸の内部に挿入するのは非常に危険な行為です。少しでも傷をつけないために、ローションを肛門の中に入れて、滑りやすくしておきましょう。

ローションは、肛門用に開発されている、粘り気の強いものがいくつかあります。初心者の方は、専用のローションを購入しておくといいでしょう。

3. 道具を挿入して前立腺を刺激する
道具を挿入し、前立腺を刺激します。この時に使う道具は、専用ものも販売されています。

時には、道具を出し入れして、刺激を強く与えるように心がけましょう。ある程度の時間が経過すると、最終的に絶頂に到達します。

なお、ドライオーガズムは必ず達するわけではないため、じっくりと待つ時間も確保しておきましょう。

ドライオーガズムの一種の男の潮吹きのやり方

ドライオーガズムの中には「男の潮吹き」とともにオーガズムに至るというパターンもあります。

女性に潮吹きがあるということをご存知の方は多いと思いますが、実は男性でも潮吹きは可能です。
そして男の潮吹きは、ドライオーガズムと密接な関係があるのです。

「ドライオーガズムというくらいなのだから、潮を吹く時点でちょっと違うのでは?」

と疑問に思う方もいると思いますが、ドライオーガズム=射精を伴わない絶頂。
潮は精液とは違うので、男の潮吹きもドライオーガズムの一種であると言えます。

男の潮吹きは、2つのやり方があるのでそれぞれ紹介しましょう。

1.【射精後に亀頭を刺激し続ける】
最も手っ取り早く、そしてとっつきやすいのがこちらの方法。
射精後、敏感になっている亀頭を手の平を使ってそのまま刺激し続けてみてください。

くすぐったく腰が引けてしまいそうな感覚になると思いますが、我慢して続けましょう。

時間がたつにつれ徐々におしっこが出てしまいそうな感覚になってきますが、ストップしてはいけません。
その感覚こそが潮を吹きそうな感覚だからです。

精神的な緊張や背徳感を全て解き放った時、擦っている亀頭から透明な液体が放出されれます。

このやり方は男性一人でもチャレンジすることができるので、興味のある方はまずこちらのパターンから試してみてはいかがでしょうか。

2.【前立腺を刺激する】
亀頭を刺激する以外にも、男の潮吹きをするための方法があります。
それが、ドライオーガズムにも欠かせない、前立腺を刺激するという方法。

慣れると、亀頭を刺激するよりもスムーズに潮吹きすることができるようになりますよ。

前立腺はアナルから指を入れ、4~5センチほど奥のお腹側に存在します。
最初から激しく刺激すると、肛門内部を傷つけてしまうことにつながるので徐々に慣らしていってくださいね。

最初から前立腺で男の潮吹きをするのは難易度が高いです。
ドライオーガズムと兼ねて、少しずつ開発していくようにしましょう。

男の潮吹きのやり方は上記2パターンになりますが、

「両方難しそうだな」

と感じる方も多いと思います。
そんなときは、ぜひ人の手を借りてみることをオススメします。

世の中には男の潮吹きを専門としている風俗店があり、男の潮吹きやドライオーガズムに関するプロの女性たちが在籍しています。

自分で男の潮吹きを使用と思えば、難易度のほかにも

  • ローションなど使うものを用意するのが面倒
  • 潮を吹いたときの後処理が面倒
  • 前立腺がどこだかわからない
  • アナルに指を入れる勇気が出ない
  • 亀頭を刺激し続けられない

などなどいろんな困難があるでしょう。
しかしプロを呼びさえすれば、一から十まで男の潮吹きについてレクチャー+実践をしてくれるのです。

最後に一つ、潮吹きをしやすくするために簡単にできることがあります。

それは、とにかく水分補給をしておくこと!

男の潮吹きを目指している方は、自分で行うにしてもプロを呼ぶにしても、その前に実践してみてください。

ドライオーガズムを得るための注意点

ドライオーガズムへ挑戦するには、注意すべき点がいくつかあります。ここからは注意点についていくつか紹介しましょう。

1. 開発に時間がかかる
ドライオーガズムの開発には時間がかかります。

場合によっては、1年以上同じ行為をしても、何も得られないケースがあります。

それだけ難易度が高い行為であり、失敗するケースも多々あります。

まずは1回目のドライオーガズムが来るまで、ゆっくりと同じ行為を続けましょう。

2. 傷をつけると危険
腸の内部を刺激するため、傷をつけないように気を付けましょう。

最悪の場合、出血の影響で病院へ行かなければならず、手術が必要な場合もあります。

メスイキをやったら手術なんて、絶対にしたくないですよね。恥ずかしい思いをしないためにも、ローションを使うように心がけましょう。

3. 自分に合った体位を考える
自分に適した体位が何か、色々とやってみましょう。

1つの体位でドライオーガズムを得られる場合もあれば、複数の体位で達する場合もあります。体の置き方などを考えて、色々と挑戦するように心がけましょう。

思い切って、女性のような体位を取るといいでしょう。女の子の気持ちも一緒にわかるので、セックスの参考になるかもしれませんよ。

まとめ

ドライオーガズムは、男性の快感が長く持続するメリットを持っています。

その一方で、ドライオーガズムに達するまでには時間が必要で、体の開発をしなければならないデメリットも抱えています。

実際にドライオーガズムを狙うのであれば、時間をかけてゆっくりと体を慣れさせ、同じ行為を続けてください。

延々と続けていれば、将来的に大きな快楽に達する可能性は高くなっていくでしょう。

ABOUT ME
若戸 明
若戸 明
ガラケー時代から出会い系に親しんでおり、出会った総数100人以上。今の妻とも出会い系で知り合う。結婚後しばらく、出会いから遠ざかっていたが、直近では、「パパ活」が益々熱くなると見込み、「2020年パパ活元年」と銘打ち18年ぶりに本気で出会い系を行っている。