セックス

地味だけどすごい!伸長位はセックスで絶対取り入れるべき体位だった!

伸長位

伸長位、という体位をみなさんはご存知でしょうか。
セックスの体位の一つですが、正常位や後背位(バック)、騎乗位などの王道体位と比べるとあまり知られておらず、正直言ってちょっと地味目な存在の伸長位…。

しかし伸長位は実はめちゃくちゃ優秀で、セックスには絶対に取り入れるべき体位だったのです。

特に女性は伸長位ではかなりイキやすくなるので、これを覚えれば女性からセックスがうまいと評価される可能性が非常に高くなります。

もちろん我々男性も最高に気持ちいい体位ですし、しかも早漏の男性でも比較的長持ちさせることもできるという有能さ…。

伸長位、これを機にマスターしない手はありません。
今回は地味だけど超有能なセックスの体位、伸長位について徹底解説していきます。

伸長位とはどんな体位?

伸長位、という言葉を聞いてもイマイチどんな体位なのか思い浮かばないという方も多いでしょう。
ということで最初に、伸長位はどんな体位なのか説明しますね。

伸長位、というワードの漢字をよく見てみてください。
「長く伸ばす」という意味があることがわかりますよね?

これは女性の脚を長く伸ばす、という意味になり、簡潔に言うと女性が脚を伸ばした形で挿入&ピストンする体位が伸長位ということになります。

伸長位は比較的マイナーな体位だと思われがちですが、実は男女ともにメリットが多い有能な体位。
女性に至っては、挿入でエクスタシーに達する中イキがしやすい体位となっているのです。

クリトリスでしかイケない、でも中イキしてみたい…という女性にはぜひ伸長位をやってあげるべきだと思います!

伸長位のやりかたについては、下記の別項目で詳しく解説しています。

伸長位のバリエーションを紹介

セックスの体位は、ちょっと体勢を変えることでバリエーションが増えます。
例えば後背位(バック)の場合は、そのまま寝そべる形になると寝バック、立って行えば立ちバック…というバリエーションになります。

伸長位にも実はバリエーションがいくつかあるので紹介していきますね。
違いをわかりやすくするため、セックスの四十八手の名称で分けて説明していきます。

①しがらみ
女性も男性も、脚をピンと伸ばした状態の伸長位。
普通の伸長位は男性が多少ひざを曲げてピストンしやすい体勢になるのですが、しがらみの場合は男女ともに脚を伸ばし、その足を絡める形になります。

密着度が非常に高いので、恋人同士などいちゃいちゃしたセックスがしたい場合はオススメです!
激しく動くのには不向きなので、比較的スローセックスになります。

②締め小股
締め小股は、普通の伸長位からほんの少しだけ女性が体勢を変化させることで完成します。
あおむけの体勢で脚を伸ばし、男性が太ももの間からペニスを挿入したらそのまま女性がぴったりと脚を閉じてしっかりと脚を伸ばします。

こうすることでただの伸長位でも締まる膣がさらに締まり、男女ともに刺激が強まるのです。
脚をしっかりピンと伸ばすことで、女性のイキやすさも大幅にアップ!
通常の伸長位で、女性側がイケそうでイケない…というときにやってみると良いと思います。

③浜千鳥
こちらは締め小股とちょうど真逆の体勢。
女性が脚を伸ばした状態というのは変わりませんが、脚は閉じません。
足を大きく開いたまま伸ばした状態でペニスを挿入します。

膣の締まり具合は他の伸長位を比べると弱くはなりますが、女性はひとりひとり身体の作りが違います。

膣の角度によっては浜千鳥のほうがイキやすくなるという場合もあるので、他の伸長位で女性がなかなかイケないという場合は試してみると良いでしょう。

伸長位の最大のメリットとは

伸長位には、他の体位にはないとても大きなメリットがあります。
それが、先ほどから申し上げている通り、女性が非常にイキやすいということ!

脚を伸ばした状態というのは、女性の膣に力が入ります。
膣に力が入ることによって、ぎゅっと締まった状態が維持され、ペニスとこすれる感覚をより強く感じます。

しかも伸長位の場合男性が女性の上にまたがって挿入するので、クリトリスとペニスがピストンのたびに擦れることになりますよね。

膣は締まった状態で良く刺激され、その上クリトリスも同時に刺激される…。
女性にとって、これは非常に気持ちいいです。

これが、伸長位で女性がイキやすい理由です!

「じゃあ、男性はどうなの?」

という声が聞こえてきそうなのでこちらも解説しておきますね。

伸長位は、男性にとってももちろん気持ちいい体位です。
しかし、これがまた絶妙にイキそうだけどイかないという程よい刺激なんです。

膣は締まっているので刺激は強いんですが、伸長位の場合正常位やバックのように膣の奥まで突くことはできません。

だから、キツイ膣の中を浅くピストンする感じになるのです。
早漏で困っているという方でも、伸長位であればある程度長く持たせることができるという面では、男性にとってのメリットも大きい体位ですね。

最大のメリットは上記で紹介しましたが、伸長位のメリットはこれだけではありません。

・妊娠中でも身体にやさしい体位
伸長位は女性が脚を曲げない体位であり、腹圧がほとんどかかりません。
妊娠中の女性相手のセックスは、女性にとって腹圧がなるべくかからない体位が理想。

なので、もし妊娠中の女性とセックスがしたかったら伸長位が安全だということが言えます!
妊娠中の女性にも優しいというのは伸長位のメリットのひとつです。

・密着度が高いのでイチャイチャしたセックスにはうってつけ
恋人同士や夫婦など、愛情をお互いに感じながらセックスしたい時ってありますよね。
伸長位は全身が密着する珍しい体位です。

密着度の高いイチャイチャしたセックスを楽しみたいという方にとって、伸長位はピッタリの体位なのです。

・子宮の位置が後ろにある女性でも痛みがない
世の中には、子宮後屈といって、生まれたときから子宮の位置が普通の女性よりも後ろにあるという女性がいます。

子宮後屈の女性たちは普通の女性よりも膣の角度と子宮の角度がきついので、セックスの際に痛みを感じてしまうことがあるのです…。

ただ、こうした女性相手であっても伸長位だと痛みを感じにくいです。
脚をまっすぐ伸ばした状態での挿入になるので、子宮と膣の角度がさらに急になることがないですからね。

伸長位は妊娠中の女性や子宮後屈の女性など、いろんな体質の女性相手でも可能な、万能な体位妥当ことが言えるのです!

伸長位のやり方やコツを紹介

それでは、ここで伸長位の体位に持っていくやり方とコツを解説していきますね。

①女性はあおむけになり、脚をまっすぐ伸ばした状態に
伸長位は女性が下になる体位なので、あおむけで寝てもらいましょう。
この際正常位のようにひざを曲げず、ストレートな状態になるようにします。

②男性は女性の上にまたがり、太ももの間からペニスを挿入
まっすぐ寝ている女性の上に、男性はまたがりましょう。
太ももの隙間からペニスを入れ、そのまま膣の中に挿入していきます。

上手くできないという場合は、最初はしっかりと脚を開いてもらった状態で挿入し、その後女性に脚を閉じてもらいましょう。

③女性は脚を閉じたままで男性がピストン
挿入が完了したら、女性が脚を閉じたままの状態で男性がピストンを開始します。
この際のコツとしては、あまりピストンを激しくしたりストロークを長くすると、ペニスが膣から抜けやすいので軽めのピストンをするということです。

もし女性にお願いできるのであれば、脚の締め具合を強くしたり弱くしたりしてもらうと、ペニスにかかる膣圧の変化をダイレクトに楽しむことができるので、ぜひチャレンジしてみて下さい。

伸長位の手順とコツは以上になります。
伸長位はぱっと見ではちょっと正常と似ているのですが、正常位の場合は男性が女性の脚の間に身体を入れる形になると思います。

伸長位の場合は女性の上にまたがってペニスだけを太ももの間に入れ、そのまま挿入という形になるので正常位とは結構大きな差があります。

正常位は女性の脚がしっかり曲がっている状態ですが、伸長位の場合は脚を伸ばしている状態になります!

伸長位をする際の注意点

伸長位はメリットがたくさんある、地味だけど有能な体位ですが、注意点もいくつかありますので紹介していきますね。

①ペニスの長さによってはできないことがある
伸長位は正常位と違い、ダイレクトに挿入ではなく太ももを若干経由して挿入することになります。

なので、ある程度ペニスに長さがなければ膣まで到達できない、もしくは膣に入っても本当に先端だけ…ということになってしまう可能性があります。

ちなみに女性のほうがふくよかで太ももが太いと、挿入までできない可能性が上がります。
また、女性によっては膣の入り口がちょっと後ろにある場合があって、こちらもまた伸長位の難易度は上がります。

やろうとしたら無理だった…というのは萎えてしまうので、事前に伸長位ができそうかどうかはちょっと考えてからチャレンジしたほうが良いかもしれません。

②伸長位に慣れすぎるとほかの体位でイケなくなるかも
こちらは女性に対しての注意点になりますが、伸長位は膣が最も締まる体位なので女性はイキやすいです。

しかし、この膣がしっかり締まった状態でイく癖をつけてしまうと、正常位や後背位でイケなくなってしまう可能性がでてきます!

相手が彼女である場合や奥さんである場合などは、相手がそういう体質になってしまうと困ることもあると思います。
ということで、伸長位でイクのは良いのですが、やりすぎは禁物です!

③伸長位でもイかない女性も一部いる!
伸長位は大部分の女性がイきやすいのですが、普段脚を曲げた状態でイく癖の付いている方は伸長位でイケなくなっている可能性があります。

誰もが必ず伸長位でイくというわけではなく、あくまでも大半の女性がイキやすい体位だということは認識しておいてくださいね。

伸長位でイかない女性は正常位などほかの体位だったらイケるという方もいるので、女性の声にも耳を傾けてあげてください。

伸長位の体験談を紹介

お恥ずかしい話なのですが、私は以前から早漏に悩んでいました。
正直、相手にもよりますが正常位やバックだと三こすり半といってもオーバーではないくらいです。

だからセックスは大好きでも相手の女性をイかせるくらいまで継続することができず、だいぶ前戯に時間をかけるなど苦労していました。

ただ、ある時早漏でも長持ちしやすい体位があるということをネットの情報で知りました。

それが、伸長位だったのです!

私のセックスの体位のバリエーションと言えば、正常位とバックくらいのものでした。
座位や騎乗位も知ってはいましたが、それをされると自分で調整できず本当にすぐイってしまいますから(笑)

でも伸長位ができれば、挿入で女性を満足させることもできるのではないかということで、当時の彼女相手にチャレンジ。

すると、今まででは考えられないくらい、挿入時間が長くなったのです!
しかも彼女は脚ピンでイきやすくなる体質だったようで、今まで正常位やバックでは聞いたことがなかったくらい喘ぎ乱れて、人生で最初の最高のセックスになりました。

それからというもの、定期的に伸長位でセックスしつつ、イクのを我慢する練習を開始。
結果早漏はちょっと改善されて、正常位でもある程度の時間持つようになりました!

伸長位はちょっとマイナーな体位かもしれませんが、男女ともにメリットが大きいと感じます。

それではここからは、SNSで見つけた伸長位に関するつぶやきも見ていきましょう。

伸長位は、クリトリスへの刺激も強いので、中イキもクリイキも可能な欲張りな体位。
この方の言う通り、膣奥への刺激があまり得意ではない…という方にとっては最高の体位ですね!

 

こちらの方がつぶやいている通り、伸長位はそれなりのペニスの長さが必要であると同時に、反りが強いと最高です。
まっすぐな状態の膣を反りが強いペニスで擦るとGスポットに当たりやすく、女性はたまらないと思いますね。

 

伸長位は他の体位と比べても浸透率が低いのか、なかなか体験談が集まりませんが、こちらの記事で紹介してきた通り本当にメリットの多いオススメの体位。

ぜひみなさんにチャレンジしてみてください!

ABOUT ME
若戸 明
若戸 明
ガラケー時代から出会い系に親しんでおり、出会った総数100人以上。今の妻とも出会い系で知り合う。結婚後しばらく、出会いから遠ざかっていたが、直近では、「パパ活」が益々熱くなると見込み、「2020年パパ活元年」と銘打ち18年ぶりに本気で出会い系を行っている。