コラム

【男性必見】SEXより気持ちいいメスイキって何?やり方・コツを徹底解説(体験談付き)

メスイキ

皆さんは「メスイキ」という言葉を聞いたことがありませんか?聞いたことがないという方、また聞いたことがあるけれど意味もやり方もわからないという方は、人生損しています。本当です。1年かかる人もいますがすぐにマスターする人もいます。この記事を最後まで読んでメスイキについて知り、違う世界への扉を開いてみましょう。

この記事を読んでわかること
  • メスイキとは何か?意味を解説
  • メスイキのメリット・デメリットを調査してみました
  • メスイキのコツ・やり方を解説
  • メスイキで注意すること
  • メスイキを体験した人の体験談
この記事は8分で読めます!

メスイキとはドライオーガズムの一種で男性が女性のようにイクことらしい

まずは、「メスイキという言葉自体を知らない」

「聞いたことはあるけれどイマイチよくわかっていない」

そんな方のためにメスイキに関する基礎知識をお教えします!

読み進めるうちにどんどん興味が湧いてきてしまうことでしょう。

メスイキとは男性が女性のようにイクことです。

メスイキについて一言で説明するならば、ドライオーガズムのひとつです。
ドライオーガズムとは、男性が射精せずに感じるオーガズムのこと。
射精無しのドライオーガズムの中でも特に、男性の10倍は気持ちいいと言われている女性の絶頂レベルで気持ちの良いオーガズムのことを、メスイキと呼びます。

メスのようにイク、というのが語源です。

なぜこんなことが可能なのかと言えば、女性がオーガズムを感じるときに分泌されるホルモンを、男性でも刺激の与え方によっては分泌させることができるからなんです。
AVで女性が感じすぎてめちゃくちゃ喘いでいたり、痙攣したりしているのを見たことがありませんか?
実はあれは演技でもなんでもなく(一部演技をしている女優さんもいるかとは思いますが)、本当に気持ちよくてああなっているんです。

男性でもあそこまで気持ちよくなれるなんて、メスイキってすごいですよね。

女性と同じエクスタシーを得ることができる

メスイキにはいくつものメリットがあります。

  • 普段の射精とは比べ物にならない気持ちよさを感じられる
  • 女性と同じで何回でもイケる
  • 女性と同じで長いオーガズムを感じられる

メスイキを覚えれば、今までの射精は何だったんだと思わんばかりの絶頂を味わうことができてしまいます。

目の前は真っ白、ひざや腰に力はがいらなくなり、星やオーロラが見えるなんて嘘みたいな話もメスイキ経験者は語ります。

一度経験するともうこれが忘れられなくなり、普通のセックスやオナニーで満足できなくなってしまうかもしれません。

それでもメスイキを経験してみたい!という方は次の項目にお進みください!

メスイキを体験するために何が必要?

こちらまで読み進めたというそこのあなたは、快楽の探究者ですね。

ここからはメスイキを味わうための方法についてお話していきますよ。

1.乳首・前立腺の開発

実はメスイキは誰もがすぐ簡単に体験できるものではありません。

性開発をある程度行わなければ、メスイキは味わうことができないのです。

でも、これを読んでがっかりしないでくださいね。

実はメスイキのために重要な性開発は、とても難しいというものではありません。

メスイキをするために必要な性開発の部位は、主に乳首やアナル、前立腺。
これらの部位をしっかりと性開発することができれば、どんな男性でもメスイキを味わえるようになるんです。
なぜなら先ほど説明した、女性がオーガズムを感じるときに分泌されるホルモンが、男性の場合は乳首、アナル、前立腺への刺激から分泌されるから。

開発すればするほどこのホルモンがたくさん分泌されて、どんどんメスイキに近づいていきますよ。

2.会得するには時間が必要です。1年かかる人も

元から乳首やアナル、前立腺が性感帯だという男性は、すでにメスイキに向いているかもしれません。

ただ、もちろん現段階で乳首やアナル、前立腺が性感帯ではないという男性でも、開発することによってかならずメスイキに近づいていくことは可能です。

さああなたもメスイキにトライ メスイキをする方法を解説します

ここで、この性開発にはどのくらい時間がかかるのか気になるという方は多いでしょう。

実は、地道に性開発を行っていくとなると、それなりに長期戦になるという覚悟は必要です。

毎日必ず乳首やアナル、前立腺を刺激し、徐々に気持ちよさを感じるようにしていきます。

毎日やったとしても、部位が性感帯ではない男性の場合は1年近くかかってしまうということもあります。

ただ、それほどの年月をかけてでもメスイキは一度体験する価値はあります。

というより一度できるようになれば、あとはもうその気持ちよさがどんどんパワーアップしていく一方なので、長い時間をかけても損はしないでしょう。

ただ、どうしてもそんなに時間をかけていられない、なるべく早く性開発をしたい…という方は多いのではないでしょうか。

そんな男性たちは、次の項目をご覧ください!

まずは乳首から開発するのがオススメ

基本的に1年近くかけて性開発をしなければ体験できないとされているメスイキ。

しかし実は、手軽に効率よく、性開発する方法があります。

メスイキを目指すために最も効率よく開発できる性感帯は、乳首です。

本来であれば毎日乳首を触り、つまんだりひっぱったりして俗にいうチクニーというものを地道に行わなければなりません。

でも、チクニーを行わずとも乳首を開発できるんです。

その方法は…乳首に円皮鍼を貼る。ただこれだけ。

円皮鍼とは、こんな感じで絆創膏のようなシールに、短い針がたくさんついているもの。

本来は美容や体の健康のために使用するものですが…これがすごいんです。

  • 貼るだけなので忘れたりさぼったりしない
  • 貼っている間中性開発できる
  • 効果が出るのが早い

このようにメリットだらけなので、手っ取り早く乳首を開発したい方はぜひお試しあれ。

強いて言えば、毎日付け替えるためある程度円皮鍼を多く用意する必要があり、多少お金はかかるというのがマイナスポイントでしょうか。

でも、数千円ですよ。

メスイキの気持ちよさを前にその程度の出費は痛くもないでしょう。

円皮鍼による性開発の効果は、個人差はありますがだいたい1週間貼り続けると感じられるようになります。
乳首の感度が確実に1週間で激変し驚くと思います。
アナルを自分で開発するのはかなり努力が必要ですし、きちんと知識がないと危険が伴うことがあるので、この円皮鍼を使った乳首の開発から始めるのがおすすめです。

開発を行う際の注意点やデメリット

さて、メスイキに関してここまでメリットばかりをお話ししてきました。

一応メスイキにはデメリットも多少なりともあるということを理解したうえで、性開発を行ってください。
メスイキのデメリットを簡単に説明しますと、「メス化が進む」ということです。
女性のオーガズム時に大量に分泌されるホルモンを、あえて男性がたくさん出すために性開発を行うわけですから、その体に多少なりとも変化が起こるのは仕方ありません。
メス化が進むとどういうことが起こってくるかというと、まず胸が少し成長します。

不安になった方もいらっしゃるかもしれませんが、この変化は本当に、気づくか気づかないかのわずかなレベルですので安心してください。

3~4年くらいメスイキオナニーを続けて、女性で言えばAAAカップくらいかな…とわずかに胸が膨らんだように感じる程度です。

胸がわかるかわからないかの程度で膨らむよりも注意したいメス化が、男性器の劣化です。

メス化が進むと、勃起しづらくなったり精液の量が減ったりする可能性もあるんです。

ただ、もちろんこれも、極端な場合に生じるデメリット。

毎日何時間もメスイキしたり、絶頂しまくったりしていると、男性器が劣化する可能性が出てくるという程度です。

これがどうしても心配だという方は、簡単な解決方法があります。
それは月に一回以上は普通のオナニーで射精するということ。
これで極端なメス化は避けることができますので、メスイキに興味がある方はメスイキだけにドハマりせず、普通のオナニーも並行して行うようにしましょう。

メス化以外になにか現実的なデメリットがあるとすれば、メスイキをするとかなり強烈な眠気に襲われることがあります。

つい、そのままの状態で眠りについてしまいそうになるレベルです。
一人暮らしの男性ならば特に問題はないでしょうが、家族の留守を狙ってメスイキオナニーをしてしまいそのままうっかり寝てしまった…なんていうのは大変なことになりますので注意してください。

メスイキのやり方を具体的に解説

性開発だけしていれば簡単にメスイキができる、というわけではありません。

性開発はメスイキへの道のりです。

ここからは、メスイキするためのコツを紹介していきます。

メスイキのために必要な条件

メスイキするコツとしては、練習時からメスイキのために必要な条件を整えるようにすることが大切です。

メスイキに必要なのは性開発だけではないのです。

メスイキのために必要な条件は、代表的には以下の通りです。

  • 体調は万全にしておく
  • 不安や心配などの精神的ストレスがなるべくない状態にしておく
  • 誰にも邪魔されない環境であること
  • 事前にAVを見るなどして性的興奮を最大まで高める

メスイキは普通のオナニーとは違って、環境や体の状態にかなり左右されます。
すべてがしっかりと整った状態で行わないと、十分に気持ちの良いメスイキができない可能性があるので注意してください。

またメスイキには、メスイキに至るまでの間に気が散ってしまうとなかなか再度メスイキできるほど感覚を高ぶらせることは難しい、という特徴があります。

たとえばのどが渇いてしまったり、トイレに行きたくなってしまったり、という本当にちょっとしたことでも、気が散る原因となります。

メスイキを真剣に目指すなら、小1時間程度は気が散らないよう、なにもかも全て済ませた万全のスタンスで取り組みましょう。

「意外と面倒なんだな…」

と感じた方もいると思いますが、1度メスイキを経験すればこれくらいの面倒は喜んでこなすようになるでしょう。

それくらいの価値がメスイキにはあるのです。

道具(エネマグラ)を使い前立腺を刺激してみよう

メスイキのやり方の中でも一番有名なのがエネマグラを使って前立腺を刺激することです。

指を使って刺激するのもいいのですが【エネマグラ】を使ったほうが効率よくメスイキすることができるできます。

エネマグラとは前立腺を刺激するために作られたアダルトグッズで、Amazonなどでも販売されてるので簡単に手に入ります。

そのエネマグラを使ったメスイキのやり方は以下になります。

  1. エネマグラにローションをたっぷりつける
  2. エネマグラをアナルにゆっくり挿入する
  3. PC筋をつかい、お尻に力を入れたり緩めたりを繰り返す
  4. 30分以上続けると段々と快感が押し寄せてきてメスイキする

上記が基本の流れになりますが、個人差があるので一回だけではメスイキに到達しないことがあります。

それでも根気よく継続することにより、感度が増して「メスイキ」することができます。

なのですぐに諦めずに行為を行ってみてください!

プロに頼むという選択肢も

一人でじっくりメスイキの練習をするのも良いですが、開発も練習も全部すっ飛ばしてメスイキにチャレンジしたいという方は、風俗に行ってプロにお願いするという選択肢もあります。

どんなお店でメスイキが体験できるかというと、可能性が高いのはメンズエステですね。

メンズエステとは、抜きありの風俗エステのことです。

また、回春マッサージや性感マッサージ、M男向けの風俗店でも体験できる可能性があります。

メンズエステの場合は、事前にお店や嬢についてしっかりと下調べをしてマッサージのうまい人を指名しましょう。

しっかりとしたメンズエステ店の場合は、プレイ前に問診票みたいなものを書くことになります。

どんなプレイをしたいか、どんな施術を希望するのか書くことができるんです。

そこで、メスイキを体験してみたいということはしっかりと書いて伝えておきましょう。

その際に自分が初心者なのか、ある程度開発できているのかというのも添えておくとより自分に合った施術をしてくれるはずです。

アナルをいじられることに最初は抵抗があるかもしれませんが、風俗を利用してプロにお願いすれば自然とアナルをいじることに慣れていくでしょう。

もしも施術の最中で痛みを感じた場合はすぐに申し出たほうが良いですが、ちょっとした違和感くらいなら、それがまずは快感に変わるので我慢してみると良いですよ。

プロの女性にアナルをいじってもらいながらチンコをこすってもらうのは、とても気持ちがいいものです。

アナルのむずむずする感覚がだんだん強くなってくると思いますが、これがメスイキにつながる感覚。

まずは手始めにお店を利用してメスイキにつながる経験を身体に覚えさせ、それを自分でもオナニーで感じられるように実践を積み重ねるというのも、一つの方法です。

連続ドライオーガズムでメスイキの動画・・前立腺を開花させてみませんか?「メスイキ」と言えば男でも女のように絶大なオーガズムを迎える状態のことを言いますが、「そんなのあるわけないだろ?」と、まるで都市伝説のような部分もありますよね? このコラムではそんな「メスイキ」の実態をご紹介しています。 ...

実際にメスイキした人の体験談

それではここからは、実際にメスイキを練習したりメスイキをマスターしている人の体験談をまとめていきたいと思います。

これを読めば、メスイキの魅力や楽しみ方がより一層リアルになることでしょう。

Aさんの体験談

私は昔からちょっとMの気質が強く、AVなんかもそういうM男が出ているものを中心に見ていたんです。

そしたらある時、メスイキという言葉がタイトルに入っているAVを見つけて…。

気になって借りてみることにしたのが、メスイキをマスターしようと思ったきっかけです。

AVはSな女優さんに、M男がめちゃくちゃ乳首とアナルを攻められて、もうびっくりするくらいのたうち回って気持ちよがってて。

男がそんな風にのたうち回って喘ぎまくるような映像は見たことなかったんですが、そんなに気持ちいいことがあるならぜひ体験してみたいと思ったんですよ。

そこからは研究の日々です。

自分の場合は徐々に地道に開発する日々も、焦れるのでMの心が刺激されるので、手っ取り早くお店に行ったりはしなかったです。

もともと乳首は感じやすい体質だったので、毎日チクニーに励みました。

1年弱くらいたったころから乳首だけで腰が引けるくらいに感じるようになって、自分でもおどろきです。

そのタイミングでアナルのほうも開発をはじめて、今では完全にメスイキできるようになりました。

射精するより、精液が出ないのにこんなに気持ちいいなんて最初はちょっと違和感があったんですが、今はもう普通のオナニーでは満足できません。

ただいつかもし結婚したり子供が欲しいと思ったときにチンコが劣化してしまっていると困るので、一応週1で普通のオナニーもするようにしています。

まあ彼女いない歴=年齢なのでそのうちあきらめたら普通のオナニーもしなくなるかもしれないです(笑)

普通のオナニーもしている効果かどうかはわかりませんが、今のところ自分にはメス化のような変化は表れていません。

Bさんの体験談

私がメスイキにはまったのは、メスイキを体験できるという風俗店をノリで利用したところからでした。

別に自分はMの気質はないのですが、なんでこんなお店を利用するに至ったかと言えば、友人同士で賭けをしていて負けたときの罰ゲームだったんですね。

だからメスイキなんて恥ずかしいし、全然乗り気じゃなかったんです。

なのにどうやら私にはメスイキの素質があったみたいで、担当してくれた女性もびっくりするくらい感じまくってしまって、

「本当に初めて?自分で開発してたんじゃないの?」

なんて疑われる始末。

「そんなわけないでしょう!」

なんてちょっと強めに出ても、女性にツボを攻められるとアヘってしまうわけです。

最初はメスイキまでいかずにアヘアヘしていたんですが、最後は本当にやばかったです。

乳首と前立腺をダブルで攻められた瞬間、まじで星が見えたんです。

そのあと目の前が真っ白になって、そのまま数分動けずにベッドの上で痙攣していたみたいです。

もちろん賭けに買った友達には、メスイキのことは秘密にしています。

全然気持ちよくないから逆にこちらから攻めてイカせまくってやった、くらいに話しを捏造しました。

でも実際のところすっかりメスイキの感覚に目覚めてしまって、定期的にお店に通っています…。

Cさんの体験談

自分がメスイキにはまってから、もう3年くらいになるでしょうか。

性欲の塊だった私は普通のオナニーだと1日に3回くらいしないと気が済まなかったのですが、メスイキを知ってからは数日に1回メスイキすればすごくスッキリできるようになりました。

なんで毎日ではなく数日に1回なのかと言えば、メスイキはめちゃくちゃ体力も精神力も使うからです。

毎日なんてやってたら、私だったら絶対早死にします。

メスイキしすぎると身体がメス化するという話があるので、当初心配していたのですが、メス化が進むほどメスイキをずっとできない人は多いと思うので心配しなくて大丈夫だと思います。

乳首を開発しすぎてちょっとどこかに擦れただけでも身体がビクつくようになったことのほうが、メス化よりも深刻かもしれません。

会社とかでかなり気を付けています。

3年の間で乳首とアナルは完璧に開発完了しました。

今後もメスイキについては探究していきたいと思っているのですが、スペンス乳腺の開発に興味を持っています。

メスイキは相当、奥が深いですね!

まとめ

メスイキとは、射精無しのドライオーガズムの中でも特に、男性の10倍は気持ちいいと言われている女性の絶頂レベルで気持ちの良いオーガズムのこと。

これを知らなければ、女性レベルの最強のオーガズムを知らないまま死ぬということであり、それはメスイキができる人からしたら非常にもったいないことです。

ただ、メスイキと一言で言っても、この快感の感じ方は個人個人で違いがあります。

射精感がずっと永遠に続くような快感を味わったという方もいれば、射精とはまた違った気持ちよさを強く感じたという方もいます。

ちなみに私の場合は、本当に頭が真っ白になって数分は動けないくらいに気持ちよく感じます。

メスイキによる快感の感じ方は人それぞれです。

10人いれば10通りの気持ちよさを感じるということですね。

ただ、メスイキ経験者が口をそろえて言うのは、とにかく今までに味わったことの無い気持ちよさを感じる、ということ。

多少のメス化が進む可能性がある。という小さなデメリットが気にならないくらいに、メスイキには魅力が満載です。

オナニーが多様化するため性生活が豊かになりますし、メスイキをマスターしている男性は女性の気持ちよいポイントが自然とわかるようになるのでセックスが上手になるともいわれています。

まずは乳首から開始して、メスイキの魅力に目覚めたら、しっかりと予習したうえでアナルの開発もしてみると良いでしょう。

メスイキは奥深いものなので、探究するのも非常に楽しいです。

いきなり極端なやり方(初心者がいきなりアナル開発から始めるなど)をせず、徐々にコツコツと積み重ねていくのがメスイキへの近道。 メスイキをマスターして、最高のメスイキライフを送りましょう!

 

 

ABOUT ME
長万部たかお
長万部たかお
エロ好きがこうじてアダルトSHOPに就職も、性欲が余計押さえきれなくなってしまい仕事が手につかなくなり、退職。 新製品のアダルトグッズレビューならお任せのフリーライター 最近はもっぱら、メンズエステでテレワーク