セックス

ポルチオを覚えて女性を開発。イカせるテクニック教えます

ポルチオ

お互いに気持ちいいだけじゃなく、女性をもっと気持ちよくさせたいなら、今よりさらに上のテクニックを身につけるべきです。女性を何度も昇天させるポルチオを紹介します。

セックスに対して不満を持っている女性はかなり多いといわれています。

「え?そんなことないよ、俺の彼女何度もイッてるし…」と思い込んでいるあなた。

もしかしたら男性に気を使って「演技」しているかもしれません。

彼女やパートナーを本気で何度もイカせるテクニック、「ポルチオ」を覚えれば、演技ではなく本気で「もう無理」というまで快感を与えられるでしょう。

ポルチオとは何か、どんなテクニックなのか、詳しく解説します。

ポルチオで女性をイカせまくる!興奮度抜群のセックス

ポルチオは子宮付近のちょっと飛び出したような部分にあります。

膣は人によって違いがありますが、8㎝くらいはあるので、通常の状態で指を挿入しても、子宮付近まで届きません。

しかし、愛撫を続け女性が十分感じ始めると、子宮は下に下がってくるため、指を奥に挿入するとくりくりした部分を触ることができます。

そこがポルチオです。

この場所を突き止めて刺激すればポルチオいきができるのでしょうか。

いえ、まずは開発が必要です。ポルチオをするときには子宮の入り口付近まで指を挿入しなければならないため、まずは女性を十分愛撫し濡らすことが重要です。

濡れにくい女性にはローションなどを利用して、奥まで指を入れても痛くないようにしてあげます。

クリトリスなどをしつこく愛撫し、1回イカせてからポルチオを優しく刺激するとイキやすくなります。

ポルチオ開発はじっくり・ゆっくり行うことがポイントです。

いきなりガンガンと指を出し入れするのではなく、優しく小刻みに動かします。

この時彼女の様子をしっかり見て下さいね。

痛がっていないか?どこに指が触れると喘ぐか?様子を見ながら続けてください。

この刺激に慣れてくると、快感が押し寄せるようにやってきて、やがて経験したことがないような快感を得られ、昇天できるのです。

セックスのたびに少しずつポルチオを刺激し続けると、クリトリスや挿入とはまた違う、深いオーガズムを感じられるようになり、何度も何度もイケるようになりますよ。

ポルチオの絶頂経験は他とは違う?

男性とは違って女性はセックスをしている間、気持ちがよければ何度もイケますが、絶頂の感覚は場所によっても違うといいます。

開発された体はクリトリスへの愛撫や挿入以外でも、たとえば乳首だけでもイケるのです。

様々な快感の中でも、特別にすさまじい快感を得られる部分がポルチオといわれています。ポルチオの快感は、イク瞬間、一気に上り詰めるというよりも、ずっと気持ちいい感覚が続き、そこからさらに強い絶頂がやってくるため、はじめてポルチオでいった女性は、その感覚に驚き興奮がずっと収まらないとか。

男からすれば、「何度もイケるというだけでうらやましいのに、経験がないくらいの絶頂快感っていったいどんな感じなの?」と、同じ経験できないことがちょっと悔しくなりますね。

ポルチオの絶頂快感は、「ものすごい気持ちいい波が次々と襲ってくる感じ」とか、「絶頂が継続して頭がおかしくなりそう」な感覚なのだそう。

一度経験したら、この感覚が欲しくてどうしようもなくなるなんていう女性もいるんです。しかし、このポルチオの絶頂経験ができる女性は、ポルチオを開発された人だけです。

彼女・パートナーに最高の絶頂を感じさせてあげられるかどうかは、男の丁寧な愛撫とポルチオを開発できる技術があるかどうかにかかっていますよ。

ポルチオを愛撫できれば女性に痛いなんて言われない?

セックスで挿入したり、指を入れると痛いという女性もいます。

男性が指を入れる前や挿入前に、しっかり愛撫し濡らしてあげないのも一つの原因ですが、女性が以前セックスでかなり痛い思いをした経験があったり、何度しても痛いと感じていたりすると、体が緊張して余計痛みを感じるようです。

男性の中には爪を立てて膣内で指を動かしてしまったり、「女性は乱暴な方が好きなんだ」と間違った思いや経験から荒々しく愛撫してしまうことがあります。

まれに、そういった性癖の女性がいないでもありませんが…やはりしっかり愛撫して感じるところを見つけ、濡らしてあげることが一番です。

まさか、ちょっと胸を触ったくらいですぐに挿入するなんていう、女性の体を全く考えないセックスなんてしていないでしょう?もししているようなら、その女性、痛いのを我慢している可能性がありますよ?付き合って長くなれば、「痛い!」とはっきり言えるかもしれませんが、嫌われたくないからと我慢している可能性だってあります。

思い込みのセックスはもうここで終わりにして、女性が本当に気持ちいいと感じるセックスを目指しましょう。

そんなセックスをするために、男性にぜひ覚えてほしいテクニックがポルチオといえます。女性とセックスをして「痛い」といわれたことがある方は、ポルチオのテクニックを覚え、女性が心から気持ちいいと思える感覚を経験させてあげましょう。

連続「中イキ」もできる・・ポルチオ性感帯を開発する

ボルチオで感じるオーガズムは女性にとって特殊で、快感を得られる時間が長いことに加えて「中イキ」が連続するという特徴があります。

Gスポットの快感も中イキの一種ですが、Gスポットとも全く違う異次元の快感だといいます。

セックスでイク感覚がわかっている女性も、実はクリトリスなどで得られる快感で、ポルチオでイク感覚とは深さが違うのです。

ポルチオは子宮近くで絶頂が繰り返しやってくる連続中イキが特徴といわれています。

ポルチオの刺激で何度もいっているうちに、どこを触られてもビクビクと感じてしまうのです。

女性の快感は男性が射精するときほど大きくないといわれていますが、ポルチオは男性が射精するときと同じような大きなオーガズムを感じるといいます。

それが連続するとは・・。

ただお互いに気持ちよくセックスするのではなく、彼女やパートナーに「この人じゃなきゃダメ!」と思われるようなセックスを目指すなら、ボルチオテクニックは必須ともいえます。

頭の先から足先まで全部性感帯になるような感覚を、彼女に経験させてあげましょう。

まとめ

ポルチオでイケる女性はごく一部とか、AVの世界の話なんて思っていないでしょうか。そんなことはないのです。

じっくり、ゆっくり女性を開発していく時間が必要ですが、ポルチオでイケるようになった女性とのセックスは、男性側にとっても大満足のセックスになります。

快感が押し寄せている女性に挿入している男性の気持ちよさもものすごいといわれていますから、ぜひ、ポルチオ開発に取り組んでほしいです。

ABOUT ME
若戸 明
若戸 明
ガラケー時代から出会い系に親しんでおり、出会った総数100人以上。今の妻とも出会い系で知り合う。結婚後しばらく、出会いから遠ざかっていたが、直近では、「パパ活」が益々熱くなると見込み、「2020年パパ活元年」と銘打ち18年ぶりに本気で出会い系を行っている。