コラム

言葉責めって知ってる?意外と女性に人気の言葉責めをマスターしよう

言葉責め

相手を言葉で責めることによって、互いにより深い快感を得ることができる言葉責め。

言葉責めについて、実は少々間違った認識を持っている男性は多いです。
間違った認識のまま言葉責めを行うと、本来なら気分も快感も高められるところが一気に

「なに?こいつ」

と女性に思われてしまい、雰囲気もぶち壊しになってしまうこともあるのです。

正しい言葉責めについて理解し、言葉責めによってお互いに気持ちよくなるためのコツやポイントを抑えることが非常に大切です。

今回は言葉責めのポイントを詳しくまとめていますので、男性のみなさんはぜひセックスの際に挑戦してみてくださいね!

言葉責めっていったい何?

言葉責め、という言葉について知っていますか?
同じ意味ですが、表記上で言葉攻めと表されることもあります。

わかりやすく説明しますと、これはセックスの最中に相手を言葉で責めるプレイのこと。

これだけ聞くと、

「なんだかSMチック」

という印象を受ける方もいるかもしれませんが、実はそうではありません。

責めるとは言っても、罵倒したり命令したり、侮辱したりというのは特殊なプレイの際に行うこと。

ノーマルなセックスの際の言葉責めとは、女性がドキドキしたり少し恥ずかしい気持ちになったり、この程度に収まる範囲での表現で行います。

女性のドキドキや少々の恥ずかしさは、セックスの快感に結びつくスパイスとなるのです。
極端な言い方をすれば、相手の脳を刺激して感度を上げるということです。

女性が言われたい!言葉責めワード集

近頃のAVではよく言葉責めが使われていますが、正直AVで使われている言葉攻めを現実のセックスで行えば大半の女性は引いてしまうことでしょう。

女性が本当に言われたい言葉責めというのは、AVとは全く違います。
ということで、女性が言われたい言葉責めのワードをリアルな声をもとに集めてみました。

身体や反応を褒める言葉

「褒める言葉って、責めるうちにはいるの?」

と疑問に思った方もいるかもしれません。
しかし、最初にも説明しました通り、言葉責めというのは女性がドキドキしたりちょっと恥ずかしい気持ちになるように言葉をかけることを指します。

身体や反応を褒められると、女性は必ずうれしいような恥ずかしいような、ドキドキした気持ちになることでしょう。

具体例を挙げると、

「きれいなおっぱいだね」
「アソコがすごくきれい」
「感じ方がかわいい」
「喘ぎ声がかわいい」

こんな感じですね。
ただ褒めるのではなく、どこがきれいなのか、なにがかわいいのか具体的に言ってあげるとより女性はドキドキするものです。

また、褒められてうれしくない女性などいません。
特にセックスの最中は、自分がどう思われているのかとても気になるという女性は多いので、誉め言葉で優しく責めてあげるのは非常に効果がありますよ。

思い込ませる効果もある、疑問形の言葉責め

女性がYESかNOで答える、疑問形の言葉責めというのはかなり使えます。
どういうワードがこれに当てはまるのかと言えば、

「気持ちいい?」
「ここが感じるの?」
「もっとしてほしい?」

こんな感じです。
絶対的にYESの回答を引き出したいので、なるべく本当に女性が気持ちよさそうにしているときに使うようにしてください。

こうした質問にYESで答えることにより、女性はさらに気持ちよさを強く感じます。
男性に確認してもらい答えることで、一種の自己暗示に近いような感覚に陥るのです。

ぜひ、クンニの最中や挿入の最中など、女性が気持ちよさそうにしているタイミングで疑問形の言葉責めを行ってみてくださいね。

本人にはわからない情報を伝える言葉責め

女性側の身体の反応に関しては、実際に言葉に出してみるとかなりいやらしく聞こえたり、官能的であったりすることが多いです。

ということで、女性が自分では気づかない身体の反応をあえて伝えてみるのも効果的です。

例えば、

「乳首がすごく立ってるね」
「すごく濡れてるよ」
「アソコが締まってる」

こんな感じです。
具体的に自分の身体の反応を言葉にされることで、女性はさらに興奮が高まります。

ただ、あまりに頻繁にこの言葉責めを使うと男性側が自己暗示しようとしている風にもとらえられかねないので、タイミングを見てセックス中に数回程度使うようにすると良いでしょう。

「我慢」という言葉を使う言葉責め

セックスの快感は、我慢する、しないという飴と鞭を使い分けることによって快感がさらに強まるものです。

ということで、

「我慢して」
「我慢しないで」

と相反する言葉責めをうまく取り入れることで女性は非常に盛り上がります。

具体的なシチュエーションで説明すると、例えば女性がイキそうなタイミングであえて焦らし、何度か我慢してもらいましょう。
そして数回焦らした後で、「もう我慢しないでイっていいよ」と開放します。

我慢した後に開放されると、女性側の快感は強さを増すもの。
我慢している間もそれはそれで興奮するものです。

飴と鞭をうまく使いこなす、我慢というワードを取り入れた言葉責めをぜひ使ってみてくださいね。

これはちょっとやりすぎ!NGな言葉責めとは

女性には、言われたい言葉責めワードがある一方、言われたくない言葉責めのワードもありますので注意が必要です。

ここからは、女性にとって絶対NGな言葉責めについて説明していきますね。

命令型の表現

世の中には、言葉責めの方法をよくわかっておらず

「とりあえずSっぽく言っておけばいい」

と勘違いしている男性がいますが、実はこれが女性から大不評!

「舐めろ」
「イけよ」

こんな言い方をする男性は、女性がこれを言われるたびに冷めて言っていることに気づきましょう。

この表現で喜ぶ女性というのは本来Mっ気の強い女性だけですから、そうした女性が相手だと確実にわかっている場合を除いて、避けるのが無難です。

引かれるだけならまだしも、相手によっては恐怖心を持たれてしまう可能性だってあります。
いくらセックスのノリだったとしても女性に対する乱暴な言葉遣いは避けるべきでしょう。

AVチックな表現

AVというのはセックスの極端例だということを理解しましょう。
AVを真似すれば世の女性が喜ぶわけでは決してありません。

それどころか、

「こいつAVの見過ぎ…きもい…」

なんて思われてしまうことだって珍しくないのです。
実際にツイッターなどではこんな女性のつぶやきを多く目にします。

 

「どこに入れてほしいの?」
「なにを入れてほしいか言ってみて」
「淫乱だなあ」
「いやらしいよ」

このような表現は、正直女性からしたら引きます。
AVとリアルの女性は違うので、言葉責めに関してもAVを真に受けないようにしてくださいね。

AVで上記のような言葉責めをされて悦んでいるのはあくまで女優さんであって、彼女たちだって演技で悦んでいるだけなのですから。

言葉責めのメリットとは

言葉責めをセックス中に行うことにはちゃんとメリットもあります。
もちろんタイミングや言葉のチョイスも大切ですが、上手く言葉責めを取り入れれば今まで以上に気持ちの良いセックスが可能なのです。

自己暗示のような効果を引き出すことができる

先に紹介したような「気持ちいい?」など疑問形の言葉責めによって女性の回答を引き出すことは、女性を自己暗示にかけることにもつながります。

質問に対して「気持ちいい」と答えているうちに、さらに気持ちよさが増幅していくという効果があるのです。

ただ、あんまりに疑問形の言葉責めを使ってしまうと自信のない男のように受け止められますし、効果も薄れがちになるのでポイントをおさえて行いましょうね。

我慢や恥ずかしさによって快楽が増加する

言葉責めの中でも我慢という言葉を効果的に使うことはセックスに緩急がつき、さらに快楽への欲求が高まるという効果もあります。

これをカリギュラ効果ともいうのですが、人間というのは自分の行動や要求を妨害されることによってさらに強い欲求が出てくるようにできています。

これをうまく応用して、女性の興奮をどんどん引き出していきましょう!

また、羞恥心をうまくくすぐることによって女性の快楽が増加するという効果もあります。
身体の反応などをあえて伝えることで、女性は恥ずかしくも気持ちよいという不思議な感覚に陥るのです。

言葉責めによって気持ちよくなるのは女性だけじゃない

実は女性を言葉責めするのは、責められた女性だけではなく男性側も気持ちよくなるという効果があります。

なぜかというと、言葉責めされて恥ずかしがったり感じたりする女性を見ることで男性側の興奮も高まるからです。

また女性が感じることでアソコがさらに濡れたり締まりが良くなるという効果もあり、男性にとってもメリットが大きいのが言葉責めなのです。

おさえておきたい言葉責めのコツ

それでは最後に、言葉責めを行うにあたってぜひ押さえておいてほしいコツについてまとめていきたいと思います。

言葉責めは耳元で囁くように

女性は耳元で囁かれると感じてしまうという方は多いです。
なんせ、耳は結構感度の高い性感帯ですからね。

ということで、言葉責めをする際は耳元で囁くようにしましょう。
できることならば吐息交じりで、耳に言葉と同時に吐息も感じるようにできれば最高です。

言葉責めは噛まないようにゆっくり話す

言葉責めの際に絶対的に気を付けたいことは、噛まないようにするということ。

AVや官能小説やエロ漫画を見てみると、言葉責めでもかなり長くて複雑なことを言っているシチュエーションを目にすることがあります。

しかし実際に素人の男性がそんな言葉責めを行おうとすると、途中で噛んでしまって意味が分からなくなったり、噛んでしまった自分に萎えたり、女性側も冷めてしまったりと踏んだり蹴ったりでいいことは一つもありません。

対策としては、

・短く簡潔な言葉で言葉責めをおこなう
・ゆっくりと話すことで噛むのを防ぐ

これらの気を付けるようにしてください。

気になる場合は女性を気遣うこと

言葉責めというのは慣れるまでどうしても、男性側も緊張してしまうと思います。

「本当にこんな風に言われて嫌じゃないのかな?」
「もしこういうのが嫌いだったらどうしよう」

このように不安を感じるならば、最初に1~2回ほど言葉責めをしてみてから、相手の女性に聞いてみるのが一番良い方法です。

「こういう風に言われるのはいや?」

とストレートに聞けば、女性もちゃんと自分の気持ちを伝えてくれるはず。

大半の女性は、ソフトな言葉責めであれば嫌いだという方は少ないですが、気になる場合は聞いてみてから言葉責めを行うようにすると気兼ねなくセックスを楽しむことができるでしょう。

まとめ

言葉責めは、ポイントをおさえて行えば、そんなに難しいものではありません。
セックスに取り入れることによって、さらに絆が強まることもありますよ。

こちらの記事を参考に上手に言葉責めを使いこなし、さらに気持ちよいセックスライフを送りましょう!

ABOUT ME
若戸 明
若戸 明
ガラケー時代から出会い系に親しんでおり、出会った総数100人以上。今の妻とも出会い系で知り合う。結婚後しばらく、出会いから遠ざかっていたが、直近では、「パパ活」が益々熱くなると見込み、「2020年パパ活元年」と銘打ち18年ぶりに本気で出会い系を行っている。